ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

Happy Birthday☆  

6月8日で、青が6歳になりました♪
RIMG0034_2018061613091201b.jpg
相変わらずビビリで、お腹が弱くてしょっちゅうゲリピーしていますが、元気に6歳の誕生日を迎えられました♪
例年、暑くなってくると私の布団では寝なかったのですが、今年は暑くても一緒に寝てくれています。それも私の枕を占領して。
たまに暑くて目が覚めると、青の毛に私の顔が埋もれていたりします。
RIMG0045_20180616130917314.jpg
可愛いのでなんでもゆるせます。
だからよくそらに「お母さんは青ちゃんに甘すぎる!」と怒られたりしますが、可愛いので仕方ないです。
普段は一切膝に乗らない子なのに、ピアノの練習をしているときに限って乗ってくるのはちょっと困りますけど。
RIMG0044_20180616130915fb2.jpg
疲れたときや嫌なことがあったときでも、青にもふもふすると元気になれます。
せいちゃん、これからもよろしくね^^

最近、残業続きで21時すぎに帰宅することがほとんどですが、手を洗ったらまず青にもふもふしてエネルギーチャージしてから夕飯の支度にとりかかっています。
そらは今年に入ってから予備校に通っていて、予備校のない日も自習に行っているので帰宅は毎日22時すぎになります。ちょうど夕飯もできて、いつもふたりで遅い夕飯です。
ほとんど一緒に過ごす時間がないので、この夕飯のひとときは大事な家族の時間です。
そらが、テレビをつけると無駄な時間を過ごしてしまうから受験が終わるまでテレビは見ないというので、朝のニュース以外はテレビをつけなくなった我が家ですが、不思議と会話は増えました。
そらは授業のことや予備校の話題が中心ですが、今までは聞いても生返事ばかりで話さなかったのに、今は自分から「今日はお母さんに話すことが山ほどあるんだけどさ~」なんて言ってきます。
たぶん、私が英語の勉強をしているからだと思います。今までは『お母さんは仕事、そらは勉強』と世界が違ったけど、今は『お母さんは仕事、でも勉強もする』に変わったので、目標に向かって学ぶという共通点が生まれたから話したいことも増えたんじゃないかなと。
そらは大学では英語を専門的に学びたいと思っていて、私も仕事で必要な英語を学んでいます。
現時点で、そらのほうが格段に上級レベルなのですが、私に足りない文法の解釈だったり、より的確な言い回しだったりをあれこれ教えてくれます。とても楽しそうに。
仕事に追われていると日々あまり自由な時間がないのですが、私はこの夕飯タイムだったり、入浴後の23:30~24:00までを英語の勉強時間と決めています。そらはもっと遅くまで勉強していますが、私が「疲れた~」「眠い~」と言いながらも、この決めた30分だけは欠かさず勉強しているのを見て何か心境の変化があったのかもしれません。よく話してくれるようになりました。
RIMG0001_201806161406482bf.jpg
そらから電子辞書をおさがりでもらいました。
中学入学時おじいちゃんに買ってもらったもので、ずっと愛用していましたが、もうこれに入っている英語の辞書では語彙が足りなくなったそうです。もっと実践的、専門的な英英辞典を含めた英語の辞書が欲しいとのことで、英語実践モデルの電子辞書に買い換えました。
物欲のないそらが欲しいというものは本当に必要なものであることがほとんどなので、よほど高額でない限り買うことにしています。(私のほうから気を利かせて、そろそろ買い替えようか? など提案しても本人の判断で「まだいい」とハッキリ言うので)

そんなそらですが、実は青の誕生日のすぐあとに私の誕生日がありまして、今まで私の誕生日なんてなにもなかったのですが、今年は違いました。
私がお風呂から出て、勉強のためにリビングに来ると、なんとテーブルにラッピングされたものが!
RIMG0049_201806161309189a7.jpg
まさか!
自分の部屋で勉強していたそらのところへ行って、「もしかして、これお母さんの誕生日祝い?」と聞いたら、「さあ、開けてみたら」と、そっけない返事。

開けてみると……
RIMG0050.jpg
すごくいいシャーペンのセット!
歓声をあげていると、そらがやってきて「お母さん、勉強がんばってるし」と一言。
誕生日おめでとうの言葉はないものの、私のことを考えて選んでくれたのがすぐわかりました。
どんな言葉や洒落たプレゼントよりも、ほんとうに嬉しかったです。

「そらがこんなふうに優しい子に育ってくれて、今日をそらと青と環と迎えられて、お母さんはとっても幸せだよ。ありがとうね」と言ったら、照れて部屋に戻ってしまいましたが(笑)

最近、こどもって親の姿をよく見ているとしみじみ思います。
言葉でああしなさい、こうしなさいと言ったところで、こどもの心には響かないとも。
私も人間なので疲れたらやりたくないことはあるし、嫌なことがあればイライラもするし、いつもきちんとできるわけではないけど、基本のところで自分というものをしっかり持っていきたいなと改めて思えたとてもよい誕生日でした。

category: ねこ

tb: --   cm: 0

おとなのビーズネックレス*ゴールド*ピンク*  

夏めいた陽気も増えてきて、ビーズアクセサリーの似合う季節になりました。
簡単なものなら1~2時間あれば作れるようになったので、大人がつけて恥ずかしくないビーズネックレスを2種類作りました。
RIMG0108.jpg
まずはシャンパンゴールドをメインにした三連ネックレス。
意外とベージュ系の服とも相性◎
このトップスにはどのネックスレスをつけてもしっくりこなかったのですが、この三連のビーズがあつらえたように似合ったのがうれしかったです。

ほんとうは、ネイビーの服に合わせようと思って作りました。
RIMG0113.jpg
夏はネイビーの服を着ていることがとても多い私(笑)
きちんと感が出るし、何にでも合わせられて無難なので。
RIMG0111.jpg
会社に着ていくときは黒のパンツとジャケットを合わせたりしているトップスですが、このネックスレスをつけるとちょっとしたよそ行きにもなりそう♪

もうひとつ、女性らしいピンクのネックレスを。
RIMG0033_20180603104813b12.jpg
私にはちょっと可愛すぎてしまったかなと感じるくらい可愛い。
この写真だと温かみが出てますが、実際はもっと夏らしい涼し気な印象です。
RIMG0032_20180603104811506.jpg
ネイビーの服と合わせたら「ザ・夏!」という印象になってしまったので、実はまだ使っていません。白いトップスと合わせたら今の時期でもおかしくないかな? ということに気づいたので、近々つけてみようと思います。
簡単に作れて可愛いものはつい友だちにあげたくなってしまって、同じデザインの色違いなどを作ってしょっちゅう押し付けています(笑) そうしたら友だちの娘ちゃん(まだ小学生)がそれを見て私も欲しいと言っていたそうなので、機会があったら子供向けのネックレスも作ってプレゼントしたいなと思います。

*****

さて、もう6月だなんてビックリ。
こうやって今年もあっという間に1年終わりそうで怖いです。
でも今年は私もそらと一緒に目標に向かって努力して成長すると決めたので、ただでは終わらせません! (意気込みだけはばっちり)
4月の宣言通り今月から英語を学ぶために学校へ通うことにして、さっそく昨日からスタートしました。
当初の予定と違うのは、英会話ではなくて英文法をもっとしっかりやり直したいのとビジネス英語を学んでみたくてそちらに比重を置いたこと。
仕事のなかで私が意図してることと違うニュアンスで受け取られてしまったり、うまく伝わらないことが度々あるので、ビジネスでこれはまずいと思って。
カリキュラムの組まれたグループレッスンでは受け身で終わってしまいそうだったので、ある程度の力がつくまではマンツーマンで習っていくことにしました。学校は会社から近いので平日の夜にも通えます。英会話以外は会社の補助が出ないので自腹ですが、この投資を無駄にしないようにがんばります☆

category: アクセサリー

tb: --   cm: 0

こどもに諭された日  

インバウンドの担当になってからブラッシュアップ(というかもともとのレベルが低いので自己啓発といったほうが正しいかも)のために休日は積極的に英語の講座や勉強会に参加しているのですが、先日久々に大撃沈しました。


無謀にも初心者対象とうたっていた英語ディベートの会に参加してみたのですが、はっきり言ってほかの参加者のレベルが高すぎてついていけない場面が多々ありました。言いたいことが咄嗟に言えない、そもそもどのように言ったらいいか表現の仕方もわからない。たいしたことも言えずに、中盤くらいからチームを組んだ方に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまってやる気が消滅してしまいました(>_<)


もう1ヶ月以上にわたって毎日毎日外国のお客様とメールのやりとりをしてきて、なんとなく英語ができるような気になっていたのです。仕事で毎日といっても、実際は話の中身は旅行に関するものに限定されるし、ある程度フォーマットも決まってきちゃうのでやればやるだけ楽になるのは当然でした。それを勘違いした私が悪いのですが、大撃沈でした。


高いお金を払ってなんでこんな思いをしなくちゃならないの……と帰宅したわけですが、そらにそれを話したら、

「お母さん、1ヶ月も英語やったっていうけど、まだたったの1ヶ月だよ。勉強を継続して、1年後にどのレベルまでもっていけるかじゃないの? 結果を求めるのが早すぎるよ」

と言われました。


そして、そらが今までに試した英語の勉強教材やアプリなどをたくさん紹介してきて、「例えば、足し算ができない人に掛け算をさせてもわからないでしょ。足し算や引き算が暗算でできるくらいになってから掛け算を習うんだから、英語もそうやってやるしかないんだよ。日本語がうまく話せない人に討論させてどう思う? 討論の前に日本語勉強してねって思うでしょ。お母さんは抜けてる基礎があるのに、いきなり応用から入ってるからうまくいかないんだよ。だからこの問題やってみて、難なくできるものは飛ばしていいけど、引っかかった問題があったらもうそこからやり直さないといけない。英語は数学と一緒で積み重ねていく学問だよ」と。


正直、そらがこんなことを言えるまでに成長していたことに驚きました。

否定するでもなく応援するでもなく、目標達成のための道筋を理路整然と話したことに。

たぶん、1年前のそらだったら「まあ、頑張りなよ」とか「ふーん」とか、そんなあしらう感じで終わりだったように思います。

でも今は違う。

私が一生懸命取り組んでいることに対して、まじめに的確な意見を言ってくれます。頼もしいです。

いつの間にか心も大人になってきたんだなぁと、しみじみ思えた夜でした。

私ももう一度基礎からやり直していこうと思います。

category: こども

tb: --   cm: 0