ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

まるでうちの子たち  

今日は環の4歳の誕生日です☆
IMG_20170318_235508.jpg
お膝の上が大好きな環は、私やそらの膝で寝ていることがほとんど。
たまにこうしてホットカーペットでも寝ていますが。

そして、箱が大好き。
IMG_20170314_204534.jpg
ダンボールで荷物が届くと、まだ荷物を出してないうちから入り込んでガリガリやっています。
それを遠目で見る青(笑)
環は季節の変わり目にちょっと皮膚炎を起こすものの、お腹を壊したりもしないしとにかく元気。
4歳の誕生日おめでとう♪
これからも元気に長生きしてほしいと思います。

そういえば、ホワイトデーのお返しでもらったものの中で、まるでうちの子たちをデザインしたようなものがありました!
青&環25
この袋のなかにクッキーが入っているのですが、この袋がまるで青と環☆
あまりの可愛さに感動!

環とコラボしてみる。
IMG_20170314_204756.jpg
違和感、まるでなし(笑)

青の寝顔とも似てる♪
RIMG0076-011.jpg 
こんなにどんぴしゃなパッケージがあったことにもビックリだけど、これを選んでくれた会社の同僚にも感謝です♪

最近、めっきりPCを開かなくなってしまってブログからも遠ざかっていましたが、2月はいろいろなことがあって大変でした。
そらがバスケをしている最中に相手選手と衝突して怪我をして、怪我で終わればよかったのだけど、怪我をしたときの状況が悪くて傷から感染症にかかってしまって高熱が続き……一時は破傷風の危険があって大変な状態でした。
傷が腕の筋肉まで達していたので手は腫れあがって動かせず、点滴治療の日々でした。
まだ傷は消えていないけど、部活も再開してるしもう大丈夫な様子。
人生色々あります、ほんと。

category: ねこ

tb: --   cm: 1

2017年の抱負  

あっという間にお正月休みが終わり、気づいたらもう1月も下旬。
流されるままに過ごしては行けないなぁと思いながら、今年初めての日記です。
青&環24
新年を迎えたら夜のうちに初詣に行こうねと、そらと約束していたにも関わらず、大晦日にも張り切って大掃除をしてしまったため疲れ切ってしまった私。疲れたし、寒いし、眠いし……ということで、結局朝起きてからお参りに行ってきました。
青と環にはお年玉代わりに、おやつ&おもちゃを♪
羊毛のおもちゃは、こんなの遊ぶのかな? と思っていたけど、意外と気に入ったようでハッスルしてました。ただ、じゃらしのように棒がついているわけではないので、私が手にもっているときに青が飛びついてきて、久々に流血するほど引っ掻かれてしまいました(>_<)

4日から仕事始めで、またいつもの日常に。
7日には七草がゆも食べて、11日には鏡開きでお餅をぜんざいに入れて食べました♪

さてさて、昨年は年始に『目標の曲を演奏会で披露(ピアノ)する』という抱負を発表していたものの残念ながら達成できなかったので、今年も同じ抱負として、今年こそは達成したと思います☆
今年最初のレッスンで、去年からの持ち越しとなった曲(ジョージウィンストン編曲のパッヘルベルのカノン)は一応合格がもらえました。私は納得できるレベルではないと思うのだけど、先生は「技術的に難しい部分を完璧にするためにずっとこの曲をやり続けるよりも、この曲は長く弾いていく中で理想に持っていけばいいと思う」と言うので、年始とともに新しい曲のレッスンに入りました。
今回はクラシックとポピュラーの2曲。
大好きなバッハのプレリュードと、T-SQUAREのTRUTHです。T-SQUAREのTRUTHは中学生の頃にF1にはまって以来、大好きな曲。深夜に布団を抜け出してF1グランプリを見ていたのが懐かしいです。
エレクトーンでも弾いたことがあるのですが、中学生の頃の私には難しすぎて(グレード5~3級の楽譜版)完成させることができませんでした。本当はエレクトーンで弾きたい曲ですが、今はもうエレクトーンがないのでピアノで再チャレンジしてみます!

今年もふたりと2匹の家族みんな健康で過ごせますように。
RIMG0027-026.jpg
青はこの冬、猫こたつよりも私の布団がお気に入りのようで一晩中、私と一緒に寝ています。おかげで寒い夜も暑くて汗をかいてしまうことも多々(^^;

環は、そらと一緒に寝ていることが多いです。
RIMG0024-028.jpg
迫力があるたまちゃんですが、このハンモックに入っているときは何故か笑えます。
面白い寝相の環。
RIMG0006-066.jpg 
よくこうして足ピーンとして寝ています。
環の向こう側には、そら。

そらは、春から高校2年生。
進学校ということもあって2年生から理系と文系に分かれます。昨年12月に希望調査票の提出がありましたが、相当悩んでいました。本人は大学では英語(教職)を学びたいので文系希望ですが、成績をみると完全に理系なので。
結局、やりたい科目を選択して調査票を提出したら担任から呼び出しをくらったそうです。
「文系希望なんだろ? なんで、科学と物理選択するんだ?? 物理なんて、ザ・理系だぞ」と。そらは、「英語をやりたいので大学は文系希望だけど、選択で興味があるのは科学と物理なので、理系コースにいくけど国立を第一志望にして文系受験します」と宣言してきたそうです。
そらが文系に進むには、得意な英数理で苦手な国語をカバーするより方法がないともいうけど(^^;
高校生にもなると、親は見守るだけなのでそらの考えを尊重して応援していこうと思います!

今年もよい1年になりますように☆
RIMG0038-016.jpg 

category: Diary

tb: --   cm: 0

包丁研ぎと、キッチン大掃除  

うちの会社は今日が仕事納めですが、私は12/24の土曜日に出勤したので一日早く今日から年末年始休暇に入りました。
朝イチでとある講習会に行ってきて、正午には帰宅してキッチンの大掃除に取り掛かりました。今年は大掃除を早め早めにやり始めていて窓掃除もだいぶ前に終わっていたのに、キッチンだけは億劫でなかなか取り掛かれずにいました。
でもやっぱりきれいなキッチンにして新年を迎えたい! と、一生懸命に掃除すること2時間……ぴかぴかのキッチンになりました☆
RIMG0031-019.jpg
コンロの横で堂々としているのが、本日のヒーロー『セスキの激落ちくん』です。今までのキッチン掃除と比べてものすごく効率よく油汚れを掃除できました。
換気扇と五徳掃除には『セスキ炭酸ソーダ』を熱いお湯でといてつけおきすることで、ぎとぎとが残ることなくすっきり掃除できたのが感動。もっと早く使っていればと悔やまれます。

壁も戸棚もぜーんぶ「激落ちくん」で掃除できて、これが気持ちいいくらいきれいになるので掃除が楽しくなってきます。今まではコンロ周りに透明シートを貼って油汚れガードをしていたのだけど、これからは「激落ちくん」で拭き取ればきれいになるとわかったので、シートも使わないことにしました。
RIMG0033-017.jpg
ティファールのケトルも新品のようにぴかぴかに磨けました♪

トイレやお風呂、洗面所といった水回りはこまめに掃除しているのでそれほど汚れも溜まりませんが、油のベタベタが嫌でつい先送りにしてしまう換気扇やコンロ周りの掃除は汚れが溜まっている分、やっぱり掃除が大変(>_<)
もうちょっと頻度を高めないといけないなぁと思うのでありました。でも、今年の汚れは今年のうちにきれいにできてよかったです。明日、自分の部屋のクローゼット内を整理したら今年の大掃除は完了☆

それと、冒頭で書いた とある講習会。
実は包丁研ぎの講習会に参加してきたのです。
母からもらったヘンケルスのシェフナイフ(いわゆる牛刀)、かれこれ20年も使っているのですが、これまで研ぎに出したり、自分で簡易的な包丁研ぎ器で研いだりしてきました。包丁研ぎ器は手軽で、それなりに切れるようになるのでいいのですが刃こぼれするというか、刃先が粗削りな感じになってしまうのが素人目にもわかりました。
買い替えるのは簡単。
でも、丁寧な暮らしというのを心がけるようになってから、ものに愛着を持って丁寧に長く使うようになった私。それは買う時から始まっているのですが、そんなことを考える以前から使っているものに対しても同じようにケアしながら長く使えたらいいなと思います。
そこで、包丁も自分で砥石で研げたらいいなと思うようになり、教えてくれるところをみつけて参加してきたのです。
blog43.jpg
こうやって並べてしまうと、まるで洗っていない包丁を持参したかのようですが、きちんと洗ってあるきれいな包丁です。毎日使っていると気づかないけど、だんだんこうしてくすんできてしまうんです。
しばらく研ぎに出していなかったので、荒砥で研いでから中砥、そして仕上げという三段階にわたって研ぎました。最初はおっかなびっくり。でも、慣れてくるとスムーズに包丁を運べるようになりました。最後に磨いて、ぴっかぴかに。
「売っている包丁は誰が使ってもそれなりに切れるように作ってある。つまりは、自分にぴったりの切れ味にはなっていない」と、職人さんに言われました。市販されているほとんどの包丁は、右利きの人でも、左利きの人でも同じように切れる包丁なのです。もちろんそれで充分なのですが、自分で研げるということは自分仕様に刃を変えられるということだと。
私は右利きなので、右利き仕様の包丁に研ぎなおしました。また、刃先と柄の近く部分では切るものが異なることから、刃の角度を変えることでより使いやすくなるようにしました。今までそういう考え方をしたことがなかったで、目から鱗というか。
研いだあとは、トマトの薄切りもスーッときれい!
パンも生地をつぶすことなくスーッと切れます。気持ちいい!

職人さん曰く、「包丁は鉛筆と一緒。刃(芯)がある限り使える。すぐに買い替えたりせず、削って最後もう持てなくなるまで使ってほしい」とのこと。
私もさっそく砥石を買うことにして、これからは自分で包丁のメンテナンスをしながら長く愛用していきたいと思います。

category: Diary

tb: --   cm: 0