FC2ブログ

ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スリーパー&抱っこ紐の防寒ケープ  

赤ちゃんが生まれる前に退職した同僚に、スリーパーと、抱っこ紐やベビーカーで使える防寒ケープを作りました♪
RIMG0040_2018102720521552b.jpg
とっても肌触りのいいふかふかなフリースとダブルガーゼを合わせました。
最初はフリースだけで作って、可愛いバイアステープで縁取ろうと思っていたのだけど、ちょっと寂しかったので。
RIMG0049_201810272052227a4.jpg
ホックをつけて、完成☆

そらが赤ちゃん~保育園くらいまで長い間お世話になったスリーパーがありまして、探したけれどみつからなかったので、きっと引っ越しなどのときに処分してしまったのだと思います。
こどもって寝ているときにかなり動くので布団をはいでしまうから、スリーパーがあると寝冷えしないで安心です。
RIMG0051.jpg
なかなか可愛くできました♪

もうひとつ、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしているお母さんがケープみたいなものを巻いているのを見たことがあって、検索してみたらどうやらそういう商品があるみたい。
私が子育てしていたころにはなかったと思います。赤ちゃんにも防寒上着を着せて抱っこしていただけでした。

写真で見ただけですが、とてもシンプルな形に見えたので見様見真似で作ってみました☆
RIMG0044_20181027205216506.jpg
厚手のフリース(スリーパーのものよりもちょっと濃いグレイ)と花柄ボアをあわせて、リバーシブル使いできるようにしました。
作っているだけでもわかるあったかさ!
RIMG0046_20181027205219f4e.jpg
花柄はザ・昭和な感じが可愛いなと思ったのですが、ちょっと派手かな?
ゴムをぐるりと入れて風が入らないようにしました。フードはサイズがわからず、おまけ的な感じですが(^^;

あと、抱っこ紐やベビーカーにくくりつける紐とかクリップが必要だなと思ったので、簡易的なものですがつけてみました。
RIMG0045_20181027205217c21.jpg
ベビーカークリップのようなものが100円均一に売っていたので、それを付けようかとも考えましたが、予想以上に大きくて重たい感じだったのでやめて帽子留めクリップに。

フリースとボアの重なる部分は、私の家庭用ミシンでは縫うのがかなり厳しかったです。布がいっぱいいっぱいで送れなくて。力技でやりきりました(笑)

包装はセンスのあるお友達に頼んで素敵に包んでもらったのだけど、写真を撮るの忘れました。
洋服とかこういう大物ってたたみ方ひとつで見え方がものすごく変わりますね。その友達は学校のバザーに出す古着なども素敵に見えるように包装したりしているらしく、お願いしたらまるで売り物のような商品に見えてきてちょっとうれしかったです♪
(写真を撮っておくべきでした……残念)

贈った同僚はとっても喜んでくれて、しかもケープは花柄のほうが気に入ったんだとか。
RIMG0048_2018102720522087a.jpg
こんな、てんとうむしのようなのに(笑)

久々にミシンをして、とても楽しかったです。
今年の目標だった、毎月ひとつ手作りを……は途中で断念してしまったけど、勉強の合間にたまにミシンをするのは息抜きになっていいものだなと思いました。

スポンサーサイト

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

センター試験出願  

先日、そらのセンター試験の申込み(高校を通じて)をしました。
もうそんな時期なんだと、ちょっと気持ちが焦ります。当の本人はあっけらかんとしていますが。
RIMG0029_20180910160837672.jpg
このタコ、私が陶芸教室で作った最後の作品のひとつです。
白だるまを作っているときに、陶芸教室の仲間から「合格祈願だったらタコ作ったらいいわよ! オクトパス(置くとパス)って縁起がいいから」と教えてもらったのです。何色にしようか迷いましたが、雨が降った後に晴れた空に出る虹色にしました。
そらにプレゼントしたら「なんだよ、これ~」と苦笑していましたが、そのあと勉強机に置いてくれています。
RIMG0032_2018091616325893f.jpg
白だるまも一緒に置いてあります。
右側にあるのは、私の母がそらの高校受験のときにお守りとして買ってくれたフクロウと、やはり高校受験のときに買って飾っていた招き猫のケシゴムです。

そらの受験科目は、英語、国語、社会(世界史・倫理政経で受験)、数学(IA・ⅡBで受験)、理科(化学・物理で受験)の5教科8科目です。
国立二次では英・国・世界史で受験になります。
国立受験は、受験科目が多いため、得意科目がある人よりも苦手科目のない人が有利と言われていますが、そらは苦手科目が2つ(国語・世界史)もあり、それが二次試験でも必須という状況なので前途多難ではあります。

というわけで、夏に受けた駿台模試の結果を見ながら、滑り止め私立はどこをどうやって受験するかという話もしました。
受験方法が色々あって、組み合わせを考えるのがなかなか難しいです。
その上、私立で文系科目3教科受験は3教科中2教科苦手というこれまた非常に不利な受験。滑り止めと考えいた大学も思いのほか判定が悪く、滑り止めにならないのでは? という不安が出てきました。なので、世界史の代わりに数学で受験できる大学も調べ、英・国・数での受験校も入れることにしました。(理系科目が得意なので)

試験スケジュールもそうだし、資金面のスケジュールも考えなくてはいけないので大学受験が終わるまでは私も落ち着きませんが、食事面や環境面などで少しでもそらを応援できたらいいなと思います。

category: こども

tb: --   cm: 6

藤田嗣治 ~レオナール・フジタ~ 展  

上野の東京都美術館で開催中の、レオナール・フジタ展に行ってきました。
IMG_20180829_145242.jpg
昨年からずっと楽しみにしていて、2018年の手帳を新調したときにまっさきに展覧会の期間を書き込んだのですが、やっと行くことができました。

水曜日の午後ですが、会場はかなり混雑していました。
さっそく音声ガイドを借りて進みます。
今回、音声ガイドではナレーションのほかに、フジタの言葉を声優の津田健次郎さんが担当しています。個人的にとても好きな声優さんなので非常に楽しみにしていたのですが、フジタのイメージとびたりと合って、絵に深みを与えてくれたような気がします。

フジタの代名詞ともいえる乳白色の下地や、猫や動物と描かれる裸婦、日本を強く感じさせる面相筆のタッチ。
どれだけの時が経とうとも、本物は色あせない力があります。
RIMG0031_20180910160838087.jpg
真ん中の絵は、フジタの出世作でもある『私の部屋、目覚まし時計のある静物』です。
フジタの言葉で「芸術家は絵になる風景や人を描きたがるが、私はあえてなんでもないガラクタのようなものを題材に絵を描いた」ということを言っていて、当時、こうした絵を描く画家がいなかったこともあって注目をされたということです。
人の日常を映し出す風景は、ある意味人を惹きつけます。

午前中、仕事でバタバタしていてどこか気持ちに余裕がないまま美術館へ行きましたが、フジタの絵に感銘を受けて、ちっぽけなことに振り回されていた自分を忘れることができました。
美術館へ着いたのが15時すぎだったのですが、閉館ぎりぎりまでゆっくりと愉しみました。
IMG_20180829_162208.jpg
かわいいフジタと猫も。
あまりにかわいかったので、このイラストのクリアファイルを買ってきてしまいました♪
あとは、ポストカードを何枚か。
line_1535703198142.jpg
その1枚。会社のデスクに。
実はこれは今回の展覧会には来ていない絵です。でも、フジタ展に合わせてポストカードだけポーラ美術館から来ていたので気に入って買いました。

これを見た隣の席の上司(男性)が、翌日、以前行ったフジタ展で買ったポストカードをくれました。買ったはいいけど、飾るところもないしとずっとしまったままだったそうです。
有名な『闘争(猫)』という作品のポストカード。
こちらに記事と絵があります)
フジタは男性のファンが多いような気がします。
男性はフジタの人生そのものになにか感じるものがあるのかもしれませんね。

では、我が家の猫で締めくくりたいと思います。
line_1536360247046.jpg
『小鳥さんを見ている環』
注目してほしいのは、はみ出たしっぽとどこを見ても丸いところです☆

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。