ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

ソレイアード50cmカット生地であれこれ  

ユザワヤにハトロン紙を買いに行ったついでにラミネート生地も買ってしまいました。ちょうど30%オフになる葉書がきていたので、そういえば雨の日のサブバックが欲しかったなぁなんて思って。
本当はこういう『ついで買い』は無駄遣いにつながるのでやめなくてはいけないのですが(^^;
 
ラミネートはあまり種類もなくて選択肢が少なかったこともあって、以前プールバッグを作ったときに縫いやすかったソレイアードの50cmカット済み生地にしました。
1,100円の30%オフで770円。
RIMG0057.jpg
シックな色柄で、季節問わず使えそうです。

実はピアノレッスンのときにかなりの確率で雨に見舞われる私。
「MIOさんがレッスンの日はよく雨が降りますね~」なんて先生に言われています。
楽譜を入れていくバッグは、以前マリメッコの端切れで作ったA4バッグを使っていて使い勝手はいいもののコットンで雨には弱いので、このラミネート生地で同サイズバッグを作りました。
RIMG0060_20180212222554d5d.jpg
環のしっぽが写っていますが(笑)
普段3~4曲同時進行でレッスンしていて、ハノンなど入れると楽譜は4~5冊持っていってます。手提げだとけっこう重かったりするので、今回持ち手は肩にかけられる長さにしました。
しっかりしたバッグで、かなり可愛い♪

生地がかなり余ったので、残りの生地でBIGポーチを。
RIMG0064.jpg
生地の耳に書いてあったソレイアードの文字部分を切り取ってタグ風に縫い付けてみました。
洋裁道具のこまごましたものを入れるポーチにしようと思ったけど、マチをつけたらなんとなく使いづらくなってしまったような……。

ファスナー飾りに、以前買っておいた猫のチャームをつけてみました。
RIMG0067_20180212222600d90.jpg
このチャームのシリーズ、いろんな柄や形があって可愛くていくつか買ったのですが、意外と大きいことにあとから気づき、使い道がなかなかみつからずにいました。今回、このポーチと大きさの比率がちょうどよかったので、やっと日の目をみました。

まだ生地が余ったので、ペンケースも作りました。
RIMG0065_20180212222558928.jpg
こちらには小さい猫のチャームを。
この小さいチャームは使い勝手がよくて、友達にプレゼントするようなサイズのポーチにつけたりすると可愛さがアップするのでお気に入り。もうなくなってしまったので、また日暮里に買いに行きたいな。

ペンケースを作って残った端切れは、捨てるにはもったいないけど中途半端なサイズだったので、そのサイズのままポーチにしました。ペンも入るサイズなのでペンケースにしてもいいし、家計簿をつける前のレシート入れにしてもいいかな?
RIMG0061_20180212222555485.jpg
50cmカットの生地で、こんなにたくさんできました☆
770円で4つの小物ができちゃったなんて、すごくお得感と充実感でいっぱいです。

雨の日バッグができたので、ピアノの日に雨が降っても、もう大丈夫。
でも雨じゃなくても、次のレッスンにさっそく使ってみようと思います。
楽しみ♪

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

ウールのVネックプルオーバー【2月の作品】  

今年は服作りをしようと決めてから、新しい生地が欲しくてあちこち目移りしちゃっていますが、以前買ったまま形になっていない生地も多々あるので、まずはそれから使わなくてはと自分を戒めています(笑)
そんなわけで、今月も以前買ったウールを形にすることに。RIMG0042_20180212223210e5c.jpg
これはタータンチェックの一種かな?
チェックの種類はあまり詳しくないのでわかりませんが、制服のような清楚な雰囲気が気に入って選んだ生地です。ウールですが薄手で、ワンピースにしようと思って買ったけど、私が着ると年齢的に事務員さんぽい感じになりそうで躊躇していました。

色々と悩んで、中野ユカリさんの『大人の日常服』からVネックプルオーバーを作ることに決定。
RIMG0040_2018021222254745a.jpg
出来上がり寸法を見たらかなり大きかったのでSサイズ(丈のみM)で型紙を写しました。

シンプルなのですぐに完成できるかと思っていたら、トラブル発生!
なんと縫っている最中、生地に刺していた待ち針が針穴に引っかかってしまったのです。すぐに取ろうと思ったけど、玉の部分が下糸に絡まってしまったらしく、どうやっても取れません。糸を切ったら針は抜けたのですが、今度は内釜ががちゃがちゃと動いてしまう(>_<)
RIMG0045_20180212222548e2c.jpg
初めて板を外しました。
こんな風になっているんですね。
内釜も取り外して、ついでなのでエアブラシも使ってきれいに掃除をしました。
すっきり!

そういえば、私、ロックミシンの糸で黒を持っていませんでした。黒は当然あるとなぜか思い込んでいたのです。
RIMG0044_20180212224032e62.jpg
というわけで、ロック処理はすべて白糸で。
うーん、やっぱり目立ちます。見せるところではないけど、なんとなく気になってしまいます。今度黒糸も買っておこうっと。

ヒヤッとした場面もありましたが、無事に完成☆
RIMG0049_20180212222549647.jpg
Sサイズでも相当大きいです。
洋裁本ではこのプルオーバーだけで着用している写真もありましたが、私はそれはナシかな。首元がかなり開いているのと裾広がりなのでウエスト部分も寒いから。
リネンなどで作って春夏に着るのならアリかもしれませんが、私はウールで作ったので重ね着用にしたいと思います。
RIMG0053.jpg 
ハイネックと合わせたらとてもいい感じ♪
これに白のロングタイトスカートを合わせて会社に着て行ったら好評でした。

冬用の生地ではあと残っているのはウールのリングツイードがありますが、これは今年の秋以降に持ち越して、来月からは春夏用の生地に取り掛かろうと思います。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

陶芸教室4回目  

1月に行った、陶芸教室の記録です。

素焼きされた自分の作品をさがすドキドキの瞬間。
IMG_20180121_131339.jpg
今回もちゃんと焼けていました。
私は今までないけど、素焼きの段階で割れてしまっている作品がけっこう多いのです。薄すぎたり、水を足しすぎたりと要因は色々あるみたい。
素焼きで割れてしまうと、もう色付けをする気もなくなってしまうし、がっかり感が半端ないです。
特に今回は、絶対に割れて欲しくないものだったのでホッと一安心。

時計は見てすぐわかると思いますが、もうひとつは絵付けをしないとなんだかよくわからない代物。
こんな感じに絵付けしました。
IMG_20180121_142049.jpg
必勝☆合格だるまです。
だるまなので赤で色付けするつもりでいたのですが、先日、湯島天神に行ったときに見た露天商のだるま屋さんには色とりどりのだるまがあって。だるまの色にはちゃんと意味があるらしく、調べてみると赤色は、『家内安全』『開運吉祥』でした。
赤でもよさそうですが、そらの受験の願掛け用のだるまにしたかったので、『受験合格』『目標達成』を祈願する白だるまに決定。湯島天神でも合格祈願のだるまは白でした。(合格はちまきをしているだるまもありました。笑)

時計を作った残りの粘土で作ったのでとにかくちいさくて、模様や字を書くのも一苦労でした。(面相筆が欲しかった……)
色がきちんと発色してくれるといいのですが、前回大失敗したので不安です。
本焼きが終わったらそらに目入れをしてもらおうと思います。

陶芸教室の先生始め生徒さんたちが手作りだるまを可愛いとほめてくれて、息子の大学受験合格祈願なんですと話すと「お母さんのその気持ちが何よりのお守りだね」と言ってもらえました。
(そらのプレッシャーにならない程度にしないといけないけど^^;)
姪っ子さんが今年大学受験で、タコの箸置きを作ってプレゼントしたという人もいました。
タコ=オクトパス=置くとパス(合格)、らしいです(笑)
次回、作るものを決めていないのでタコの箸置きを作ってみようかな。

ただ、だるまのことで頭がいっぱいで、時計のほうはまったく図案を考えていかなかったので、とっさに思いついた大好きなミモザ(らしきもの)を描いてみました。
IMG_20180121_142115-001.jpg
いびつすぎるけど、それも手作りならではのご愛嬌ということで。
こちらもきれいに発色してくれたらいいなと思います。

category: その他

tb: --   cm: 0

ローズピンクのウールスカート【1月の作品】  

今年の抱負にもした『毎月ひとつ作品を作る』ですが、残業続きの繁忙期以外は基本的に服作りをしたいと思います♪

ということで、今月はウールでタックスカートを作ってみました。
RIMG0013-036.jpg
普段はベーシックカラーを着ることが多く、こんな明るい色の服は持っていないので、ちょっとした冒険でもあります。
RIMG0005-052.jpg
選んだ生地は、目がさえるようなローズピンクのウール地と、裏地は静電気の起きにくいキュプラです。(さっそくお邪魔虫ならぬお邪魔猫の足が写っておりますが……)
去年、とあるショップでとっても素敵なローズピンクのスカートをみつけて一目惚れしたのだけど、お値段も素敵すぎてとても買えませんでした。でもずっと心に残っていて。
そんな折に見つけたのが、まさに理想のローズピンクのウール地。特売で、しかもダブル巾だったので用尺も少なくて済み、なんと600円程度という格安さ。もうそれだけで嬉しくなっちゃう。
RIMG0007-053.jpg
服作りはかなり久しぶり。
手際が悪くなってしまってるのを痛感しました。何やるにも時間かかっちゃって。
しかも、裏地をつける服は今まで作ったことないかも?
裏地のつけ方は母に教えてもらって(直接会って教わったわけじゃないので、いまいちピンとこないところもあったのだけど、そこは適当に)つけてみました。

服作りは中腰作業が多いので、ちょくちょく休憩をはさみつつ(笑)
おやつには私とそらが大好きな人形焼き。(渋い好みでしょ)
IMG_20180108_144126-001.jpg
こしあんたっぷりで美味しい~。
七福神で縁起もよさそう。

やっと作業再開したと思えば、このお方。
RIMG0010-047.jpg
でかい。
テーブルが小さいのではなく、青が大きいのです。

久々の服作りでもたもたと作業して、途中で休憩したり家事もしたけれど、それでも合計作業時間は3時間くらいで完成しました。
RIMG0011-042.jpg 
簡単なのにとても形がきれいで、できあがったスカートを見て心躍りました♪
ローズピンクの色との相乗効果もあると思うけど、うわぁ素敵! って言っちゃったくらい。
派手な色ではあるけれど、ひざ下丈にしたので品があるスカートになりました。
型紙いらずでとっても簡単だったので、生地を変えてもう1枚作ってみようと思います。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

手びねり陶芸で猫皿  

短期陶芸教室で作っていた猫皿(猫のごはん皿ではなくて猫モチーフの人間用の皿)が完成しました。

初回の様子↓
IMG_20171015_144323.jpg
成形して素焼きは先生におまかせ。

2回目は絵付けでした。
IMG_20171126_142727.jpg
蓮の葉をイメージしていたので、緑のベースに白い葉脈を入れようと思っていたのに、白い絵具がなくて黄色に変更、おまけに筆もいちばん細いものでも太くて草間彌生チックになってしまいました。
ほかの受講生のみなさんは私の両親くらいの年齢の方も多くて、この奇抜さに驚いてました(^^;
猫はうちのせいちゃんをイメージしてブルーに塗りました。
IMG_20171126_142718.jpg
もう1枚はブルーにして、蓮の葉と蓮の花をイメージしてみました。

ここまではけっこう気に入っていたのですが、釉薬を塗って本焼きしてもらった完成品を見たら全然違うものになっていました(>_<)
IMG_20171217_130801.jpg
白い膜が張ってしまったような焼き上がりになっていました。

アップで見ると、この通り。
IMG_20171217_130811.jpg
かなりショックでした。
原因は色を重ね塗りしすぎたせいとのこと。
IMG_20171217_130815.jpg
あとは白い部分に目立つ水泡は、絵具の薄め方が足りなくてできてしまったそうです。(水をもっと足さないといけないらしい)
ほんの少しライン程度の模様を入れていた人はとてもきれいな仕上がりで、あまり色を塗らないほうがよかったという結果に終わりました。

この教訓を生かして2作目は、こちら。
IMG_20171217_143412.jpg
時計を作ってみようと思います。
無地もつまらないので、どんな絵付けにしようかまだ悩み中ですが、また白いムラになるのは嫌だしなぁ。
左上にある塊も作品のひとつ。
できてからのお楽しみ♪

category: その他

tb: --   cm: 0