ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダウンライト  

照明については、けっこうあっさりとすぐに決まりました。
キッチンと個室2室以外はすべてダウンライトです。
玄関はセンサー付きにしたので、夜の帰宅時にとっても重宝しています☆
myhome 089
リビングには、あえて2種類の違うダウンライトを使うことでインテリア性を高めました。
(まだダンボールが残ってる…しかも写ってる…)
そらがテレビや読書、勉強をしている間はめいっぱい明るくしていますが、夜は調光で明るさを落としてくつろいでいます。
壁際にはピクチャーレールを設置したので、絵やパネルを飾った時に照らせるようにダウンライトを壁寄りに配置してあります。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: My home

tb: --   cm: 2

パウダールーム  

トイレと同じく、壁の色に悩みまくったパウダールームです。
もう待てません!と言われる最後の最後まで悩ませてもらって(こんなのばっかりだけど)結局、トイレと同じくブルーグレーの壁になりました。

色は襲ってくるから暗いのはやめたほうが…とか言われましたが、洗面も洗濯機も真っ白だし、床もベージュ系2色の組み合わせにしたので大丈夫でしょ、と。
それにこのパウダールーム、とても広いのです。(家の広さから考えたらですが^^;)
4畳くらいはあるかな・・・寝られそう(笑)
鏡が真正面にあるので、全体を写そうと思うと、どうしても私も入ってしまうので切り取りで載せてみました。
この左手にあるバスルームは、濃い目のグレーの床&白いバスタブでまとめています。
真ん中写真の右手前側の窪みは洗濯機置き場です。
何気に気にっているのは、洗濯機用の蛇口。湯水の色分けが赤と青じゃなくて、ピンクと水色のところ。そんなささいなことが嬉しかったりする♪
洗面は、前住居でカウンタータイプのお洒落なものを使用していたこともあるのだけど、今回は迷わずシステムタイプのものにしました。
インテリア性重視のものは実用性に欠けてしまうんですよね。
毎日何度も使う場所なので、使い勝手がよくて清潔に保てることを優先させました。
モデルルームみたいなインテリアを保たせて生活する自信もなかったし(笑)
おおざっぱな性格なので…

そうそう、消火器って白いのもあるって知ってました!?
リノベーションを手掛けてくれた工務店さんからのプレゼントなんですが、「MIOさんのお宅には赤い消火器は似合いませんよね」って、白い消火器を用意してくださったんです☆
これなら見えるところに置いておいても違和感ないし、なんだか可愛いです。

category: My home

tb: --   cm: 2

ローマンシェード+カフェカーテン (my room)  

ここは西方向に位置した約8畳の私の部屋です。(未だダンボール部屋・・・)
我が家でいちばん窓が少ない部屋で、腰窓がひとつあるだけです。
でも、けっこう窓の面積が広いのでとても明るい部屋となっています。
myhome 080
エレクトーンの置き位置にまだ悩んではいるものの、とりえあえず壁に寄せました。

この部屋に選んだのは、スウェーデンのBORAS(ボラス)のコットンです。
以前、カーテン選びに悩んでるっていう記事を書いたときにも登場しています。
結局、こちらの柄を選択しました。ホワイト系の裏地をつけています。
myhome 026
生地の名前はDjurtradgard (ユートラドゴッド)といって、スウェーデン語で‘動物の庭’を意味します。
ピンクやグリーンの植物柄に、色んな種類の動物が水色で影絵のようにプリントされていて、とても幻想的な柄です。
赤い蝶々もとても気に入りました。
-- 続きを読む --

category: My home

tb: --   cm: 2

Square in square.  

スケルトンからのリノベーションだったので、間取りや仕切りは自分好みにしました。
ラーメン構造のため、壁なんて仕切板程度のものでも十分だったわけですが、1ヶ所だけあえて壁厚を造り、ニッチを設けました。
myhome 048
場所はダイニングテーブルの横です。
荷物の整理がまだ済んでいないので、とりあえず物を置いた状態ですが・・・。
最初は絵本や写真を飾ろうかなと思って、ニッチを作ろうと思ったのです。

たかがニッチ。されどニッチ。

どこに作るか?どんな形状にするか?位置はどうするか?と、考えることが山ほどあってかなり悩み時間を費やした部分でもあります。
-- 続きを読む --

category: My home

tb: --   cm: 4

可愛い子には旅をさせろ  

昨日、紀州南高梅の梅干しをいただきました。
桐箱に入ってる! 個別包装されてる!! 梅干しなのに!!!・・・と、
エクスクラメーションマークがいくつも飛び出しちゃったんですが(笑)
blog13.jpg
そんなわけで、今日のお弁当は日の丸弁当です。
あまりの大きさにご飯が脇役みたいになってますが・・・。
(ほんのり塩味ツナじゃが、イタリアントマトのスクランブルエッグ、豚肉と葱の甘辛炒め、さくらんぼ)
昨晩、冷やしゃぶだったので、しゃぶしゃぶ用の肉をお弁当用に残しておきました。
とっても柔らかいし薄くて味の染みもいいので、忙しい朝に調理するには最適です☆
-- 続きを読む --

category: こども

tb: --   cm: 4

ダイニングテーブルセット  

家具らしい家具がない我が家でしたが、マイホームへの引越しを機にダイニングテーブルセットが仲間入りしました。
myhome 038
北海道の工房にオーダーして、希望のサイズ&デザインで製作してもらいました。
無垢のパイン材のみを使用していて、アンティーク風になるようにオイルとミルクペイントとで塗り分けしてもらいました。かすれ具合がとても素敵です。
いかにもカントリーな部屋にはしたくなかったので、この色味にして正解☆
床材に合わせてイメージ作りをしてオーダーしたものなので、しっくり馴染んでます。
-- 続きを読む --

category: My home

tb: --   cm: 2

ローマンシェード (リビング&ダイニング)  

猛暑だった3連休の真ん中に、カーテン工事とエアコン工事が入りました。
南西方向に、ぐるりと5つの窓があるLDはいちばん日差しもきつくて暑いのですが、
選んだ生地が日本に在庫がなかったため、引っ越しまでに間に合いませんでした。
myhome 046
これもスウェーデンのboras社のファブリックで、GRYNING(グリニング)という柄です。
GRYNINGはスウェーデン語で「夜明け」という意味です。素敵でしょう♪
ベージュ地に薄い水色の花が大胆に描かれているのが気に入りました。
これはネットで出会って一目惚れして、この生地でオーダーカーテンを扱うショップを
調べて足を運んだほどです。ダブルのローマンシェードで、コード式にしました。
myhome7.jpg
余り布でクッションカバーを2つ作ってもらいました!
こういうおそろいって、なんだか特別な気分になれていいですね☆
まだ生地が少し余っているので、LDで使える何かに利用するつもり・・・。
レースカーテンはスクエアチェックのシンプルなもので、ライン部分はレース穴です。
カーテンの裏地はホワイト系のシンプルなものをつけました。
-- 続きを読む --

category: My home

tb: --   cm: 4

ローマンシェード+ロールスクリーン (こども部屋)  

悩みに悩んだカーテン選びでしたが、こんなセレクトになりました。
こちらは東南角の約7畳ほどの、そらの部屋。
myhome 007-1
スウェーデンのalmedahls(アルメダール)の生地でオーダーしました。
綿 85% 麻15%で、質感がとてもいいんです☆
生地のタイトルは、その名も「Surt sa raven (きつねとぶどう)」です。
オレンジのきつねが、とってもかわいい!
myhome 008
きつねとぶどうのイソップ童話は有名なので、きっと誰もが知っているはず。
幼少のころに読んだ懐かしいお話が、1枚の布に収められているなんてとっても素敵!と、ひと目惚れした生地なんです。
-- 続きを読む --

category: My home

tb: --   cm: 2

マイホームに引っ越しました  

  2009年7月11日(土) 大安吉日
   * マイホームへ引っ越しました *

myhome1.jpg
ちいさな空間ではありますが、シンプルで心地よい家ができました。
いっぽ足を踏み入れると木の匂いがあふれ、1日中さんさんと陽が入るとても明るい我が家です。
-- 続きを読む --

category: My home

tb: --   cm: 18

ウィンドウトリートメント  

カーテンの見積りがでました。

カーテン
まだこの時点ではレースカーテンを決めていなかったので、一番安いレースで見積もってもらった金額です。
裏地をつけないパターンの見積りもとってくれましたが、13万円も差がありました。
でも、日光や紫外線から生地を保護する意味でも裏地はつけたほうがいいとアドバイスされたのでつけることにしました。

今日は、会社帰りに新居にて細かい打ち合わせを。
そら用にする予定の部屋は東に2ヶ所と南全面に窓があるので、ここだけは裏地を遮光性の生地にしました。
私の部屋は先日の写真の2柄で悩んでいたけど、これを決定して、あわせてレースカーテンも選びました。ここのショップはヨーロッパからの輸入物が多く、サンプル帳にはフランス、オーストリアのレースが中心でした。
どれも素敵で悩んだけど、コーディネーターさんのアドバイスを参考にしながらシンプルで上品なフランスのレースに決めました。
(なので見積り金額よりupしちゃいましたが・・・)

「好みやスタイルが、はっきりされているから決まるのが早いですね」と、お褒めの(?)言葉をいただいたのですが、なんてったって長年の夢ですから、今まであ~したい、こ~したいと思い続けてきたことが蓄積されてますし(笑)
リノベーションするときにも、カーテンのスタイルを決めた状態でスタートしたので無駄なカーテンレールはつけないようにしてもらって、その代わりにブライドやロールスクリーン、ローマンシェードを取り付けるための壁補強をしてもらいました。
なので‘構造上、取り付けできません’ということはありませんでした☆
こういうことができるのも、リノベーションの強みだと思います。

数種類の生地を選びましたが、1つだけ日本に在庫がなくてスウェーデンから
取り寄せになるらしく、引越しに間に合わせるのは厳しいかも・・・と言われてます。
でも、どれもとても気に入って決めた生地で、妥協はまったくないです♪
これだけ気に入った生地がみつかったので、見積り金額も満足です。
取り付けが終了したら、仕様や生地を紹介したいと思います。

category: My home

tb: --   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。