ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2年経ちました  

2年前の今日、婦人科系の手術をしました。
ほんとうに元通りになるのは2年かかると言われたのですが、今日でちょうど2年!
術後1年間は体調が安定しないことが多かったけど、2年目はもう全然大丈夫でした。
今も定期的に検診をしていますが、今のところなんの問題もなし。
2月にまた検診だけど、きっと大丈夫でしょう☆

さてさて。
ここ最近、ほとんど炊飯ジャーを使わずに土鍋でご飯を炊いていたんですが、今日の晩御飯、初めてストウブで白米を炊いてみました。

ピラフは作ったことあったけど、普通の炊飯は初めて。
土鍋で炊くよりも短時間で炊けちゃいます!
……が、普通の炊飯は土鍋がいちばん美味しかなという感想(笑)
ストウブはこれで美味しいんだけど、やや強い(こわい)かなという印象です。
やっぱりピラフとかパエリアに向いているかもしてません。
私はごはんは強いほうが好きなので、ストウブごはんも気に入ったけど、そらは土鍋で炊いたふんわり柔らかいごはんのほうが何杯でも食べられる!だそうです。

それと、少し前から始めたのが脱ペットボトル飲料生活。
ついつい楽だしってお茶もペットボトルで買うようになってしまっていたけど、ちょこっと丁寧な暮らしをしようと決めたので、麦茶を煮出して飲むスタイルに逆戻り~。
RIMG0009-015.jpg
ほぼ毎日、夕飯の片付けをしながら麦茶を煮出して、荒熱がとれるころにはお風呂を出ているので耐熱ガラスポットに移して冷蔵庫へイン!って感じです。
煮出した麦茶はなんだか柔らかい味だなぁと思い出しました♪

最後にこの写真。
RIMG0002-001_20140131221358456.jpg
どっちが先に座っていたでしょうか!


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: Diary

tb: --   cm: 0

水回りクリーニング  

日記で書こうと思いつつ、体調を崩して後回しになってしまったのですが、土曜日に水回りのクリーニングをプロにお願いしました。
1年前に家中の換気扇クリーニングをしてもらって感激するほときれいになったので、今回はバスルームとトイレのクリーニングをお願いしてみることに。日々お掃除をしてる場所ではあるものの、見えてるところだけになりがちなので、徹底的にお掃除をしてもらおうと思って。
一度に家中まるごとお願いすると金額もまとまったものになるので腰が引けるけど、ポイントをしぼってお願いすれば1万円以内でできることが多いなというのが印象です。
やっぱりマイホームになってから、家のメンテナンスを大事にしていこうっていう気持ちが強くなりました。

ほんとうは年末にお願いしたかったのだけど、さすがに大掃除の時期は早くから予約で埋まってしまうらしく、思いついたときには時すでに遅し……年明けの予約しかできませんでした。
その代り、年明けはとってもお得なプランがあったりして☆
私はバスルーム&トイレで9,900円(件数限定)というお得プランで予約しました。
クリーニングの内容はこの金額にしてはとても充実しています。

【バスルームmenu】
天井/壁/浴槽/洗い場/ドア/浴槽のエプロン(浴槽の洗い場側面)を外し内部洗浄/換気扇/照明器具/鏡うろこ落とし

【トイレmenu】
換気扇/照明/収納外側/タンク/便座/便器/床面

これに除菌消臭施工をしてくれます☆
うちはふたり家族なのでそれほど汚れることもないけど、猫トイレをバスルームで洗っているので除菌消臭施工はありがたいです。
男女ふたり組できてくれて、それでも半日がかりで大掃除してくれました。
RIMG0003-021.jpg
最初に終わったトイレは新品のときみたいにピッカピカ。
自分で掃除してもこんなふうに真っ白にならないので、すごく嬉しい~!
水回りっていうのは、やっぱり水のカルキとかが固まって汚れになってしまうらしいです。毎日徹底的にお掃除すればいいのだろうけど、週末メインのズボラ~な私には無理で^^;
RIMG0004-019.jpg
タンクレスじゃないので、この部分がとても汚れやすい。
何故か猫の毛が溜まったりするし……
それと、普段はウォシュレット便座を外しての掃除ってしてなかったので、そこがけっこう汚れていました。
掃除のコツなんかも教えてもらって、頼んでよかった☆

お風呂はエプロン(浴槽の洗い場側面)を外して内部洗浄までしてもらったり、鏡うろこ落としまでしてもらうとオプション料金だけでけっこうするので今回のプランはほんとうにお得でした。
そらがお風呂場で書道の筆なんかを洗って墨が落ちなくなってしまった床とか、ドアパッキンの部分にどうしてもついてしまう赤カビとか、気になるところを集中的に掃除してもらい、これまたピッカピカ。
写真を撮ってみたけど、いまいちそれが伝わるような写真ではなかったので割愛(笑)

ちょこちょことメンテナンスしたり、足りないものを補っていったりしてるマイホームですが、今年の夏でもう丸5年になります。
中古マンション購入+リノベーションというカタチだったので、現金で支払うことにしたリノベーション費用はごくごく限られた金額でした。スケルトンにしての間取り変更も、いちばんお金のかかる水回り排管の移動を極力しない間取りにしたり、絶対譲れない無垢床にする代わりにお風呂やキッチンのグレードを下げたりしました。
身の丈に合ったリノベーションだったというか(笑)

でも、そういう妥協した部分って、少なからずともずーっと心に引っかかってるんです。
例えば、今回写真を撮ったトイレ。
RIMG0003-020.jpg
無垢床のオイル塗装についてちょっともめたりしてたこともあって、ペーパーホルダーやタオル掛け類……この辺はインテリアデザイナーさんにお任せしちゃったんです。
これらを違うものに替えるだけでもだいぶ雰囲気が変わりそう。
あとは暮らしていく中で、ここはこういう風だったらもっと使いやすいのにという個所がチラホラ。
今年は丸5年を迎える節目だし、家にちょこちょこと手を加えられたらなと思っています。

※お得プランはここでみつけました。
 たまに、待ってました!というようなクーポンが出ていたりします^^
 

category: My home

tb: --   cm: 4

癒しという薬  

土曜日の夜にホッとしたのか、どっと疲れが出てしまって体調を崩してしまいました。
おばあちゃんが亡くなってから哀しみやらショックやらが圧し掛かる中でも、仕事や家事育児は普段通りにあるわけで、バタバタと無理して元気に振る舞ったりしていたしわ寄せが出たのかもしれません。
ほんとうにただただ酷く疲れちゃっただけなんだけど、疲れって甘くみてるといけませんね~。
土日といっても、そらの部活で弁当だったり塾で夜食だったりと忙しいので、なかなか休めなかったりします。
なので、仕事もひと段落して手が空いていることもあったので、今週は大事をとって月曜火曜とお休みしました。

そらが学校に行ったあとは、猫と一緒に昼寝。
2日間、ゆっくりのんびりしたら回復しました。

いちばんの薬となったのは、やっぱり猫の存在。
RIMG0006-022.jpg
まるで王子様きどり
なにげなく置いてあったクッションに身体を乗せてるだけなのに、何故か笑える(笑)

かと思えば、環はこっちで変な座り方してるし。
RIMG0002-024.jpg
青も環もカメラ目線は珍しい。
こういう「なにこれー!」というポージングだったり、すっとんきょうな表情だったりが、ものすごーく癒しになるんだなぁ☆
RIMG0004-021.jpg
あ、環は毛づくろいだったのね。
一生懸命に毛づくろいしてる最中になでなですると、何故か私の手までザリザリと舐めてくれます(笑)

ゆっくりお茶を飲んでいても、バタバタするな~と思うと、運動会をしているか何かを取り合っているかです。
RIMG0001-023.jpg
ハンモック、環が入っていたのに青が奪いに行ったみたい。
RIMG0002-023.jpg
この顔!!
両者とも絶対譲らないって表情です^^;
今までは環が追い出されることがほとんどだったけど、最近は環も強くなってきて青を追い出すこともあります。

すっかり元気になって出社した今日でしたが、「今日もとくに急ぎの仕事ないし、帰ってゆっくりしな~」と言われ、お昼で帰ってきました(笑)
うちの会社は少人数なので、忙しいときは高熱があろうがなんだろうが呼び出されますが(実際経験あり。笑)、そうでないときは社長の方針で『ほんのわずかな仕事をだらだら時間をかけてやってるフリはするな』『気が乗らないときは休め』という感じで、けっこう自由です。
そして、こどものことに関しての休暇はなにがなんでも取れ!という社風なので学校行事や面談、役員などで困ることがなくなりました。
今まで、組合があるような大きな会社でしか働いたことがないので、あまり細かい決まりのない小さい会社で働くことに戸惑う点が多々ありましたが、こういう融通がきくところはとてもありがたいです。

しかし、この3日間ほとんど家にいるけど、猫ってずーっと寝てますね。
私も猫になって仲間入りしたい(笑)

category: ねこ

tb: --   cm: 0

ストウブで鶏を燻す  

ストウブで燻し調理ができると知って、燻製って今までやったことがないので、ぜひやってみたい!と思っていました。
RIMG0021-005.jpg
桜のチップとかで燻すものが多いけど、私は家にあるもので…ということで、賞味期限の切れた緑茶と砂糖を混ぜて使います。私は料理には‘きび砂糖’を使っているので茶色です。
RIMG0002.jpg
アルミホイルの上に緑茶と砂糖を敷いて、網があれば網を置いてもいいし、後片付けをらくにするにはこんな感じではアルミホイルを置いて高さを作ってもOK。
この上にクッキングペーパーを敷いて、その上に塩をまぶしてしばらく置いた手羽先を置いて着火。
RIMG0003_201401222121226e6.jpg
煙が出て来たら蓋をして燻していきます。
どんな感じになるんだろう~☆と、わくわくしていると緑茶の渋い香りと、きび砂糖の甘い香りが混ざり合った匂いが漂ってきます。
もうこれだけでも美味しそうな予感。

25分ほど燻したところで完成☆
RIMG0006.jpg
写真では伝わりにくいと思いますが、旨味がぎゅぎゅっと凝縮された感じに仕上がっています。
緑茶ときび砂糖の風味がしっかりついていて、このまま食べてもかなり美味しいけど、柚子胡椒をちょっとつけて食べると最高に美味しい!
そらなんか黙々とひたすら食べてました(笑)
燻すって焼くのとも違う、蒸すのとも違う、煮るのとも違う、今まで食べたことのない感じ。
私のなかで、ストウブの魅力がまた増しました

食生活をもうちょっと丁寧にしようと決めてから、今まで買って食べていたものを自分で作ってみたりしています。
これも初めて作った柚子大根。
RIMG0009_20140122212124b5a.jpg
柚子大好きなのでたっぷり(笑)
お酢よりも柚子果汁の割合を多めにして、きび砂糖と合わせて漬けました。
自分で作ってみると、驚くほど簡単で、余計な味がしないというか、ほんとうに「ザ・柚子大根」って感じで美味しい。
普段食べ慣れている砂糖と酢だからなのかな?
RIMG0012.jpg
箸休めの漬物としても、サラダ感覚でパリポリでもいい柚子大根になりました。

そういえば、私が子供の頃、昔ながらの床下収納庫には大きな壺や壜が何個も入っていて、それらはおばあちゃんが作ってる糠床だったり、味噌だったり、梅干しだったり、果実酒だったりでした。
おばあちゃんが毎日漬けてくれた糠漬けがとっても美味しかったのを今でも覚えているから、私も挑戦してみたいなと思っているんだけど糠床を管理する自信が(汗)
味噌は今時期くらいに仕込むのがベストらしいので、ちょっと悩み中~。
手作り味噌はほんとうに美味しいものね。
私でも美味しく作れるのかしらという疑問は残るけど……

category: 食べもの

tb: --   cm: 2

一途なオトコ  

取り合いでケンカになるから2台目の夢こたつ(猫用こたつ)も買ったのに、それでもやっぱり必ずどちらかのこたつを取り合っています。
それぞれのこたつに分かれて入ればなんの問題もないはずなのに、不思議……。
で、先日、青が夢こたつでくつろいでいる最中、環がその中に入っていきました。
こりゃまたケンカになるなぁと思っていたら、おや? 静か。

まさか、まさか、まさか!!

ピラッ
RIMG0002-021.jpg
一緒にくつろいでる~っっ!ヽ(*'∀`*)ノ
感動!!!
この日を夢見てましたっ。
猫団子じゃなくってもいいんです。
一緒にこたつを使ってくれただけでも、なんか幸せ~。
普段くっついていることがほとんどないから、私のテンションは上がりまくりで、写真をバシバシ撮っちゃいました(笑)

それにしても……
RIMG0004-020.jpg
環、占領しすぎじゃないかしら^^;
なんだか青がずいぶんと端っこのほうに追いやられているような。
でも、腕もでろ~んと伸ばしてウトウトしてるところをみると、とっても嬉しいに違いない♪
青は環のこと大好きだもんね☆

こうやって一歩踏み出してしまえば、もうこれからはずっとふたりで一緒にこたつに入ってくれるのかな~♪なんて期待をしつつ迎えた翌日。
まず先に青がこたつにイン☆
ここまではいつもと同じ光景なんだけど、環がなかなかこたつのほうに来なくって、長いこと経ったのでちらっとこたつ布団をめくってみたら!
RIMG0011-014.jpg
環のスペース空けて待ってるではないですか!(゚ロ゚屮)屮
※正真正銘、翌日の写真です!!

このけなげで一途な青に、私の乙女心きゅんとしてしまうわ。
なのに環ったら、やっとこたつのところに来たと思ったら、中をのぞいて青がいるのを確認すると、無視して立ち去っていきました
RIMG0017-007.jpg
なびかないオンナ。
環はツンデレどころかツンツンです。
RIMG0035-001.jpg
可愛いから私は許しちゃうけど、青にはもうちょっと優しくしてあげて~。

category: ねこ

tb: --   cm: 0

ストウブで金柑の甘露煮  

金柑が旬を迎えています。
といっても近所のお宅の軒先で見かけるだけですが(笑)
スーパーでも宮崎産の金柑が安く出回りはじめたので、1パック買ってきました。
RIMG0001-021.jpg
ヘタを取って、よく洗って、甘露煮を作ろうと思います。
今回はストウブで煮てみます。
普段使っている厚手の鍋と比べて違うのかなという期待もあります。
一度、煮こぼしてから冷水に1時間ほどつけてアクと苦みを取った後、ストウブに戻して砂糖と一緒にコトコト煮詰めます。
RIMG0006-021.jpg
無水調理ができるというだけあって、ふっくら柔らかにできました☆
とろっとろで美味しくて、温かいうちに何個も食べちゃいました。
RIMG0019-007.jpg
お湯を注いで金柑茶にしてもいいし、ヨーグルトに混ぜても美味しいです。
私もそらもヨーグルトが大好きで、我が家のヨーグルト消費率はものすごく高いんです。
いつもとちょっと違う金柑ヨーグルト、大ヒット中♪

ストウブ、すごくいい鍋ですっかりハマっています。
野菜や肉を蒸しただけ、煮ただけなのに、なぜかとっても美味しい。
先日作った根菜のカレーピラフ(ストウブの公式サイト掲載レシピ)も絶品でした。
RIMG0025-004.jpg
今度は、ストウブならではの燻し料理にチャレンジしてみようと思っています。

category: 食べもの

tb: --   cm: 0

思い出の品が消えても、思い出は消えない  

先週の土曜日、思い出のいっぱいつまったエレクトーンを処分しました。
RIMG0007-017.jpg
私にとって2台目のエレクトーンでした。
小1からエレクトーンを習い始め、途中ブランクが少しあったものの成人して就職するまで習っていました。
仕事が忙しくてレッスンに通えずやめてしまったあとも、自宅で空いた時間に弾いたりしていましたが、そらが生まれてからその時間もなくなっていきました。
いつかまたやりたいと思いながらも生活することに必死で余裕がなく、まったく弾くことがなくなってしまったけど、思い出がたくさんつまりすぎていて処分するこができずにいました。
祖母が立て替えて買ってくれたエレクトーンだったので、私のなかでこのエレクトーンがなくなったら、祖母までいなくなってしまうんじゃないかという思いがずっとあったのも事実です。
RIMG0008-016.jpg
それがまさか現実になってしまうなんて。
エレクトーンの引き取りで業者の方が入っているときに、祖母の訃報が届きました。
もし私が思いきれずにぐずぐずしていたら、祖母が亡くなったあとは、きっとこれまで以上に心情的にエレクトーンを手放せなくなっていたはずです。
不思議なものを感じずにはいられませんでした。

引き取りの日、青がエレクトーンを弾いて(?)くれました。
曲は猫ふんじゃったでしょうか?
RIMG0015-009.jpg
引っ越すたびに、狭くて古い部屋に大きなエレクトーンは場所を取って大変でした。
今の家は多少広くなったので、エレクトーンを置いていても生活に支障はありません。
だからこのままずっと置いておくことは可能でした。

でも昨年末の大掃除の際に、断捨離の方法なんかを調べている中で、ハッとする言葉に出会えたのがきっかけで行動に移すことにしたのです。
それは、
「思い出の品を捨てても、思い出は消えない」
「過去を捨てなくては、未来の場所がない」
というもの。
ほんとうにそうだなって思って。

エレクトーンはかなり場所をとっていたし、今の私には必要がなくなってしまったものだから、空いたスペースを今の私のために有効活用したら、きっと祖母も納得してくれるんじゃないかなって思います。
RIMG0020-005.jpg
思い出がたくさんつまったエレクトーンがなくなって、すっぽりと穴が開いた様になったけど、心はすっきりとしました。

徐々に見極めをしつつ整理している我が家ですが、この先もたぶんずっと捨てないだろうというものもあります。
例えば、キッチンに飾るように置いているこれ。
RIMG0001-022.jpg
そらがちいさいときに作ってくれたビーズ(?)にアイロンをかけてくっつけるおもちゃの作品。
なくても全然困らないし、逆になんでここに置くの?って感じかもしれません。
お手本を見ながら作った上手なものがたくさんあるけど、適当に感性だけで作ったこの作品が私は大好きなんです。
RIMG0002-022.jpg
そら、私、おじいちゃん、おばあちゃんの4つの顔が笑っていて、みんなくっついているんです。
いいものを作ろうとか、そういうことを一切考えない幼児のときだからこそ生まれた作品だと思います。
毎日見ても毎日嬉しく幸せな気持ちになれます♪
これから物を買うときは、そういう気持ちになれるものを選んでいこうと思います。

category: My home

tb: --   cm: 0

送りました  

今日まで忌引きをいただいています。
泣きすぎて、とても外に出られる顔じゃないので助かりました。

昨日、無事に祖母の葬儀が終わりました。
納棺師さんが丁寧に湯灌をしてくださるのを見て、逆さ水で次第に血色がよくなっていく祖母は、ほんとうに眠っているようにしか見えませんでした。
湯灌に立ち会うのは初めてのことでしたが、あんなに丁寧に身体や髪を洗ってもらえるんですね。顔剃りも爪切りもしてもらい、最後に髪をととのえお化粧をしてもらった祖母はとても可愛らしく、穏やかで安らかな顔をしていました。
納棺の際に、私はこれまでの感謝の気持ちを綴った手紙を入れました。
家族への感謝の気持ちって、持っていても言葉にすることってあまりなかったりします。実際、私は祖母に改まって感謝の言葉を述べたことはないかもしれません。
照れもあるし、家族ってそういうのもわかりあえるものだと思うので、これくらいでいいのかもしれないけど。
でも、最期のお別れのときにはちゃんと言葉で伝えようと思い手紙にしました。

この手紙、簡単に書けそうでなかなか書けません。
書くことがまとまらないとかじゃなくて、これまでの思い出が走馬灯のように次々と蘇ってきて、涙が止まらなくなってしまうんです。
思い出の威力ってほんとうにすごいです。
便箋を前にして涙しながら鼻をすする私のそばに、気づいたら青と環が来ていました。
RIMG0033-001.jpg
普段くっつくことのない2匹なのに、おしりを向け合いながらも律義に私に寄り添ってくれています。
青と環が仲良くしてると私が喜ぶから?
ほんとうに何の意味があるのか、こんなちょっとだけおしりを付け合せて(笑)
RIMG0034-001.jpg
猫なりに気を遣ってくれてるのかもしれません。
↓これは反対側からそらが撮ってくれたもの。
RIMG0030-001.jpg
青はとても不満そう。
でもここに来てくれたことが、空気を読める青の優しさだと思います。

祖母との思い出を振り返る中で、いろいろなことを考えました。
祖母は専業主婦ということもあったけど、丁寧に手間暇かけて生活というものをしていたように思います。
出汁を丁寧に取った煮物とか、煮出して冷やした麦茶とか、梅干しや糠漬けも祖母が作ったものはみんな美味しかった。
毎朝の日課はハタキとホウキをかけて掃除をし床は水拭き乾拭き、トイレは朝いちばんで床も便器も水拭きでピカピカ。
定期的にぜんまい時計のねじをまわして、時には油を挿してお手入れ。
物心ついたときからそうだったので当たり前だったことだけど、今思い出してみると、なかなかそういうことって簡単じゃないなと思います。
でも、とってもいいなとも。
全部はとても真似できないけど(特に掃除。笑)、手抜きばかりの食事をもうちょっと丁寧にしてみるっていうのはできるかもしれません。それも毎日じゃなくて、ゆとりがある週末だけとか。
祖母がしてきてくれた丁寧な暮らし方を、ちょっとだけでも私の生活に残していけたらいいなと思います。

category: Diary

tb: --   cm: 2

おむかえ  

昨夜、大好きな祖母が亡くなりました。
私の育ての母とも言える祖母でした。

昨年末に風邪をひき、お正月に高熱を出してしまったのですが、それも落ち着き熱も下がってホッとしたところでした。
ケアセンターの看護師さんが付き添って容体をみてくれていたので、私たち家族も安心していたのです。
昨日も夕飯のあと薬を自分で飲み、会話もし、快方に向かっているようでした。
その少しあと、あまりに静かなので(それまで風邪で咳などがあったのに)看護師さんが様子を確かめたところ、眠るように息を引き取っていたそうです。
苦しんだ様子もまったくなく、ほんとうに眠るようだったと。

実は昨日は、亡き祖父(祖母の配偶者)の誕生日でした。
きっと優しかった祖父が、眠った祖母を迎えにきたのだろうと家族みんなが思いました。

アルツハイマーが進み、4年前くらいからは孫である私のことは忘れ、3年前くらいからは娘である母のこともわからなくなってしまっていました。
それでも大好きな祖母でした。
急なことすぎてまだ実感がわきませんが、これまでの感謝を胸に、14日に見送ってきます。

category: Diary

tb: --   cm: 0

七草粥  

7日の朝なので、七草粥を土鍋で炊きました。
RIMG0015-007.jpg
1月の朝は冷え込みが強くてなかなか布団から出られないので、ここ数年は夜に七草粥を食べることが多かったのですが、今年は私を起こしに来る部隊が結成されているので早起きできました(笑)
2014010607.jpg
普段はそれほど仲良くしているわけじゃない青と環ですが、私を起こすときだけはものすごいタックを組んでやってきます。
青は猫パンチと頭突き攻撃、環は黙ったまま念を送ってきます(汗)
2014010601.jpg
目覚めたときの私のまわりはこんな状態(笑)
猫ハーレムに見えるかもしれませんが、実際は起きろ攻撃を受けています。
すでに壁に追いやられている私ですが、『眠い~、寒い~、もうちょっと寝る~』と背中を向けようものなら、青がジャンプで反対側に飛んできて…
2014010604.jpg
厳しいです。
でも、青と環のおかげでとっても早起きができていて、ありがたいことです☆

お粥を炊いている間、ふと見たら、クリスマスにプレゼントしたキャットポールに青と環が。
RIMG0012-008.jpg
ストーブの暖かい空気が天井のほうへ集まるから、部屋の中でいちばん暖かいのかもしれません。
こういう何気ない風景でも、あ、猫がいる生活っていいなと思ってしまいます。
壁に映る影が可愛すぎて。
RIMG0009-010.jpg
環のおしりとしっぽ♪
私は猫のおしりが大好き。
そらは「お母さん、おしりが好きだなんて声に出さないほうがいいよ」って言うけど、もふっとしてたり、ぽてんっとしていたり、歩くとぷりぷりっと揺れたりして可愛すぎるんだもの☆

なんて、猫を見ていたらあっという間にお粥が炊けました。
RIMG0016-006.jpg
この土鍋で炊くの初めてで、ちょっと水が足りなかったかな^^;
お粥なのに、おこげまでできちゃった。
でも、とても美味しい七草粥でした。

今日までそらが冬休みで、お昼のお弁当と夜ごはん(冬期講習で17時半までに食べていくので、私の帰宅が間に合わない)も朝のうちに作らなくちゃならなくて大忙しでした。
明日からは学校が始まると同時に給食も始まるので大助かり!
七草粥を食べて無病息災を願ったので、風邪をひかずに春を迎えられるといいなと思います。

category: 食べもの

tb: --   cm: 0

ポンポンネットのマフラー  

ユザワヤに行ったとき、毛糸コーナーの見本作品に素敵なマフラーを発見。
とっても変わったマフラーで気になったので、その毛糸を購入してみました。
RIMG0005-012.jpg
ポンポンネットという毛糸で、この1玉でマフラーが作れます。
この毛糸ならではの作り方になっていて(言葉で説明するのが難しいけど、編むのはとっても簡単)、小1時間ほどで完成しました。
RIMG0011-008.jpg
ひらひら~っとしたマフラーです☆
毛糸+ポンポンという猫が好きなものが組み合わさっているので、青も興味津々。(いたずらをするのは環のほうですが……)

モデルとしてなめこに着用させてみました。
RIMG0008-010.jpg
意外とゴージャス。
毛糸がグラデーションになっているので、色んな青が出て可愛いです。

正月休み、最後の日ものんびりと過ごしました。
明日は仕事始め。
今年も頑張るぞ☆

category: 編みもの

tb: --   cm: 4

毛糸のマーガレット座布団  

毛糸にじゃれてくる猫と格闘しながらも、なんとか編み終えました。
RIMG0008.jpg
毛糸のおざぶ♪
マーガレットのカタチになっているのが可愛くて、編み物とはまったく関係のない本で見てから作ってみたいと思っていたものです。
同じものを2枚編んでから外表で縁編みで繋いでいるだけです。
RIMG0009.jpg
裏側から見るとこんな感じ。

猫の日向ぼっこ用の座布団にしようと思ったけど、かなり訝しがってるので私の座布団になりました(笑)
RIMG0007.jpg
思った以上にふかふかとした厚みがあってすわり心地がいいです♪
気に入ったので、おそろいでそらの座布団も作ろうと思います。

category: 編みもの

tb: --   cm: 0

Happy new year 2014☆  

正月top
明けましておめでとうございます。
なんだか年々時の流れが早くなっている気がしてなりません(汗)

今年はあれこれやることがあるおかげで、正月休みにだらけることもなく規則正しい生活でスタートできました。
そらの部活や塾のスケジュールの兼ね合いや、猫が2匹になったこともあって、今年は泊りでの帰省はやめました。なので、ちょっとだけお正月らしくお煮しめとなます、それと私の好きな牛肉のしぐれ煮は大晦日のうちに作りました。
2014-01-01.jpg
お雑煮もありあわせで簡単なもの^^;
マカロニサラダは寿司酢を使うとおいしいというのを見たので、なますを作るのに作った寿司酢で作ってみました。確かにいつもより美味しいかもしれない!
あ、栗きんとんを覗き込んでいるのは環です(人間の食べ物は食べませんが、匂いチェックだけです)

朝食後、早々に初詣に行ってきました。
20140101_5.jpg
すごい人が出ていたけど、誘導整理する警察官もかなりの人数いたので参拝までの並び時間(1時間ほど)は思ったよりも短く感じました。
並んでいる途中に、屋台でどんなものを売っているのか見ながら歩くのも楽しかったし♪
今年もそらから「お母さん、神頼みはダメだからね! ○○する!って宣言するんだからね!」と言われたので、ついお願い事をしようと思っていたのを思いとどまり、今年の抱負を宣言してきました。
そして次はおみくじに30分ほど並び……
20140101_4.jpg
私は末吉、そらは吉。
我が家は今年はぼちぼちな運勢のよう(笑)
努力の年なのかもしれませんね☆

帰り道、縁起物として元旦に買おうとそらと話していたものを買いに器のお店へ。
買ったのは箸です。
2009年のGWにそらと旅した屋久島で買った屋久杉の箸をずっと愛用してきたのですが、当時ちいさかったそらは女性用の短い箸にしたのです。未だに木の香りと優しい持ち心地のする箸ですが、そらの成長によって「ちいさくて使いづらい」箸になってしまいました。
私はまだまだ使えるのだけど、そらと一緒に新しい箸にすることに。
おそろいではないけれど、やっぱりまた木の箸を選びました♪(写真を撮る前に使い始めてしまったので、写真はなし)
箸も豊富でしたが、本来は器のお店で、そのお店のオーナーさんが手作りしているという箸置きも一緒に購入しました。
2014-01-011.jpg
この三毛猫の足をひらいたポーズ、うちの環がやるのでそっくり!と思って。
今年の干支の馬の楊枝入れは新年のお祝いでいただきました。

初売りでは猫用の福袋があるというのでショッピングセンターに行ってみましたが、普段食べていないキャットフードや毛布、遊ばなそうな人形のおもちゃのパックだったのでやめて(笑)、私とそらでオリジナル福袋を作ってあげちゃいました☆
RIMG0017_2014010219264415f.jpg
絶対喜ぶこと間違いなしのおもちゃ2種+おせち代わりのパウチ。
帰宅するなり、撮影する間もあたえてもらえないほどのくいつきのよさ!
RIMG0025.jpg
さっそく遊びタイム☆ 
ぶれぶれですが……
RIMG0026_20140102192646c69.jpg
野生にかえる瞬間(笑)
どっちのおもちゃも気に入ってくれたみたいで、かなりハッスルして遊んでくれました♪

ふたりと2匹、みんなそろって元気に新しい年をスタートすることができました。
明日はゆっくりして、明後日からまたそらの部活と冬期講習がスタートするので弁当やら主に食事で応援したいと思います☆

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

category: Diary

tb: --   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。