ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

型紙作りと仮縫い  

ピアノ発表会の衣装作りを始めました。
イメージはだいたいできたのですが、これを思った通りのカタチにできるかどうか…!
ツーピースにすることにしました。
スカートはウエストにタックを寄せてすっきりさせて、裾はバルーンでボリュームを出したいのです。

というわけで、まずは型紙。
時間短縮するため、市販本より素敵なタックスカートの型紙を元にします。
RIMG0010-029.jpg
バルーンスカートにするため、この型紙を切り開いて生地幅いっぱいまで裾を広げました。

この型紙で、先日買った仮縫い用の100円生地を使って仮縫いをします。
RIMG0013-024_20141227210359150.jpg
ピンクを表スカート、黄色を裏スカートで縫いました。
ただ、これらの生地は110cm巾だったので(本番生地は140cm巾くらいあります)生地が足りず、真ん中で接いで使っています。
中央に縫い目があるのはそのせい
長さの差は20cmにしました。
RIMG0001-032.jpg
バルーンスカートを作るのも初めて。
表スカートの裾にギャザーを寄せて、裏スカートにそろえます。
このまま縫い合わせてもよいのですが、動きを出せるかなと思って合印を1/4ずらして(ねじるように)縫い合わせました。
RIMG0004-036.jpg
なんだかギャザーが足りない感じがします。
ねじりもないほうがいいかなぁ……。
RIMG0006-030_20141227210356df5.jpg
これはこれで悪くはないかもしれませんが、タックがあるのでストレートのほうがきれいなカタチになりそうです。
ウエストにはベルト布がつきますが、仮縫いなので省略(笑)
丈は膝が隠れる長さでばっちり☆
ただ、生地のせいもあるかもしれないけど、思ったようなボリュームが出せなかったので、このあと半身をほどき、裏スカートの脇を詰めて縫い直したらいい感じになりました。
なので、裏スカートは切り開く前の元の型紙で作ることに決定。

元にしたスカートの型紙は「ドレスアップドレスダウン」より。

ドレスアップ・ドレスダウン―simple chicドレスアップ・ドレスダウン―simple chic
(2003/05)
茅木 真知子

商品詳細を見る


10月からピアノを習い始めて、間もなく2ヵ月。
明日が今年最後のレッスンです。
衣装の前に、曲を完成させなくては(笑)
スポンサーサイト

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

クリスマスプディング  

☆Merry Christmas☆
今年のクリスマスは、プレゼントでもらったクリスマスプディングを食べました♪
RIMG0014-021.jpg
実は食べるの初めてです!
蒸して温かいものを食べるとのことなので(これはチンでもOKと書いてありました)温めたのですが、温まってくるとフルーツのいい香りが☆

バターを添えるのが本来の食べ方なのでしょうか?
私は、なんとなく合いそうだったのでハーゲンダッツのバニラアイスと一緒に♪
RIMG0015-019.jpg
熱いと冷たいが混ざって、絶妙に美味しい~。
ごちそうさまでした。

そらの成長に伴ってか、今年のクリスマスは、いつも以上に普通の日でした(笑)

あと、新しいピアノ、とても気に入って練習しています。
……が、
RIMG0017-017.jpg
私がピアノの前に座ると、すぐにこの状態。
ここで見物してるだけならまだしも、たまに一緒に鍵盤を弾いてくれちゃったり、膝の上に居座ったりされるのはちょっと困ります(^^;

category: Diary

tb: --   cm: 2

朔旦冬至  

今日は1年でいちばん昼が短い冬至です。
寒さが本格的になってきて、太陽の弱さが壁に映る影にも表れています。
RIMG0016-030.jpg
今年の冬至は、「朔旦冬至」と呼ばれる特別な冬至なんだとか。
朔旦冬至を調べてみたら、新月と冬至が重なる年の冬至のことで、19年に1度しか訪れないそう。
太陽と月の復活の日が重なる朔旦冬至は、非常におめでたい日だとされ、古来朝廷では盛大な祝宴を催したと言われています。

難しいことはさておき、日本で古くから伝わってきた季節の風習は大切にしたいと思います。
我が家では、かぼちゃの煮物を作りました。
RIMG0008-032.jpg
今夜は柚子湯に入ります♪

さて、この週末は嬉しいことがいくつかありました。

ひとつは、新しい電子ピアノが届いたこと☆
RIMG0029-010_2014122022085579f.jpg
YAMAHAクラビノーバ(CLP-545)です。
最初の電子ピアノを買ってまだ数か月なので迷いましたが、今までよりもきちんと練習できるようにと思って買い換えました。
うちはマンションなので生ピアノを置く予定はありませんが(ピアノ可物件だけど、夜しか練習できない私には条件が合わないという意味)、限られた予算のなかで、できるだけ生ピアノとのギャップが少ない電子ピアノを選びました。
RIMG0030-010.jpg
白はメーカー在庫なしで予約注文だったので、買ったのは先月ですがやっと届きました。
今練習している曲がけっこうペダリングが難しいので、固定されたペダルで練習できるのが本当に嬉しいです。
最初はクラビノーバより下位機種のアウリスでもいいかなと思っていたけど、それでまた買い替えを検討することになっても無駄なので、今回の買い替えで今後上達しても(たかが知れたものですので…)必要十分な機種にしました。
新しいピアノでモチベーションも上がったので、練習に励みたいと思います♪

もうひとつ、久しぶりにパイプオルガンのクリスマスコンサートに行ってきました。
チケットを予約したときから、そらに「この日だけは空けておいてね~!」と言い続け、そらとふたりで行くことができました♪
RIMG0001-031.jpg
曲目はバッハのメジャーな曲からクリスマスメドレーまでもりだくさん。
生演奏はカラダの芯に音が響いてくるし、心が洗われます。
パイプオルガンについての詳しい解説などもあって面白かったです。

お留守番の猫たちは、隣のマンションで大規模修繕が始まったのが気になるみたいで、ふたりそろってずーっと外を眺めています。
RIMG0027-015.jpg
最近、このキャットタワーに青がいることがなかったのでなんだか新鮮に見えます(笑)
ここはマンションなので、普段は窓からの眺めといったら飛ぶ鳥くらいしか見て楽しめるものがなかったので(猫目線で)、今はマンションの足場を行き来するお兄さんたちを楽しそうに(?)見物しています。

夢こたつは今年も2台稼働中だけど、やっぱり1台を争ってケンカの日々。
RIMG0021-023.jpg
ケンカしないように2台目買ったのに意味ないじゃない~(>_<)

あ、猫たちも新しいピアノが気に入ったようですよ。
私が練習しているときに目の前をうろうろできるスペースができたから(笑)
きっと新しいキャットタワーの類だと思っているに違いないです。

category: Diary

tb: --   cm: 0

マリメッコ+ウールのブルゾン完成☆  

寒くなる前に完成させたいと言いながら、やっぱり真冬の寒さになってから完成しました(笑)
RIMG0017-016.jpg
マリメッコ生地とウール生地の組み合わせで、オープンファスナーのブルゾンです。
吊るして撮ったらポケットが歪んで写っていますが、ちゃんと左右対称になっています。

このウール生地、日暮里繊維街で300円/mで買ったもの。
ウール初挑戦だったので、あまり高価な生地は気おくれしちゃって無理なので、破格値で入手したウールで挑戦してみました。
RIMG0021-017.jpg
フード内側とポケット蓋(?)の裏側にマリメッコのウニッコ生地を使ってみました☆
ウール生地がとても地味なカーキ色なので、対照的な派手な色や柄を持ってきたら可愛いかも!と思って、最初はリバティの花柄にしようかという案もあったのですが、手持ちのウニッコがあつらえたようにぴったりで(笑)
RIMG0013-023_20141210230545069.jpg
花芯の色がカーキなので、それがしっくりきた理由かも。
バッグを作ろうと思って、1年くらいまえに40cmだけ買ってあったものです。
RIMG0011-022.jpg
でも40cmだと用尺ギリギリすぎて(というか実はちょっと足りない)縫い代を減らしてなんとかやりくりしてみました。
それと、もちろん柄合わせは不可能だったので、中央でお花が分裂しております~。

バックスタイルはこんな感じ。
RIMG0019-017.jpg
袖も見頃もフレアになっていて、後ろ見頃にタックをとってあるのでマントっぽい印象でもあります。

オープンファスナーですが、こんな風に見せないタイプ。
RIMG0022-015.jpg
ここはけっこううまく縫えましたが、フードを縫い付けるのは散々な出来栄え。
本当は内側は見頃にフードをまつるようになっていたのですが、もう集中力も途切れたし面倒で放置になりそうな予感がしたのでミシンで縫ってしまいました。
なので、表によれよれの縫い目が出ちゃって。
遠目だとわからないからいいか(^^;

ポイントになるボタンは、お花にも見える水牛ボタンにしました。
RIMG0023-017.jpg
ボタン止めは共布(この場合はウール生地)で作るようになっていたけど、布をひっくり返すのが大変そうだったのでヤギの皮紐で代用。
とても柔らかくて色も素敵です。

着用するとこんな感じ。
RIMG0024-015.jpg
ほどよくフードが立つかたちになってウニッコがのぞきます♪
しなやかな落ち感も素敵。
全体像を撮ろうと思うと、わざわざ鏡を移動しなくちゃならなくて大変なので無し(笑)
色が秋っぽいので春に着るにはどうかなぁという気もしなくもないけど、せっかくなので来年の春には着用して出かけてみたいと思います。

パターンはこちら。
『さりげなく甘い服』より、ブルゾン。
さり気なく甘い服 ―着こなしを楽しむベストアイテム―さり気なく甘い服 ―着こなしを楽しむベストアイテム―
(2010/05/28)
笹原のりこ

商品詳細を見る

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

ツリースカートを作りました  

今年のクリスマスツリーはゴールドのオーナメント中心に、少しだけアンティークカラーを混ぜてみました。
RIMG0003-028.jpg
11月下旬に飾り付けしてみたものの、元が安いツリーで貧相なせいかカラフルじゃないオーナメントだと寂しげでした。
(てっぺんのリボンもまだありませんでした)
なので、ちょっと手を加えられないかなと思って買ったのがこちら。
RIMG0023-016.jpg
ベロア調の生地と、幅広のチロルテープ。
リボンとレースはおまけでもらったもの。
最初は、ベロア生地とチロルテープでツリースカートを作るつもりだったのですが、このチロルテープがとっても豪華で素敵で、ツリーのてっぺんに結んだら可愛いんじゃないかな?と思ってやってみたら、まさにぴったりだったのです☆

ベロア生地だけでツリースカートにしてもよかったけれど、オーナメントもおとなしい感じなのでもうちょっと華やかにしようと思って、急きょユザワヤに行ってクリスマスっぽいブレードを買ってきました。
で、適当に裁断して適当に縫って完成~☆
RIMG0004-030.jpg
おまけでもらった黒いリボンも、せっかくなので活用してみました。
ツリーの下にかぶせたら、こんな感じでリボンで結べばこれまた可愛い。
RIMG0009-025.jpg
生地が380円、ブレード2種類で300円だったので合計680円の材料費です。
思った以上に豪華な雰囲気になりました。

さっそくツリーにはかせてみると……
RIMG0015-017.jpg
シンプルすぎたツリーが素敵に変身!
あ、右側に写っているのは青の可愛いお・し・りです♪
というのも、ここは猫の水飲み場のすぐ横なのです。
RIMG0014-019.jpg
しかも環がオーナメントのボールを夢中になって落とそうとするので、ツリーの下の方には飾り付けることができず葉だけになっています(^^;
そんなこんなですが、ツリースカートを初めてはかせてみて今年のクリスマスツリーの完成です。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。