ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

リスタート  

今月いっぱいで、今の会社を辞めます。

1月の終わりに会社の形態が大きく変わることが発表され、それは私にとって受け入れがたい内容でした。
受け入れて残るか、それとも辞めるかを決めなくてはならず、1週間くらい悩みに悩んで、辞めることを選択しました。

数年前にも転職を試みたことがありましたが、そのときと異なる点がひとつあります。
ワーク・ライフ・バランスをいちばんに考えていることです。
ピアノや水泳といった趣味が味気なかった日々に彩りを加えてくれている今、趣味と両立することが時間的に難しい以前の職種に戻るという選択肢が生まれませんでした。

とはいえ、私は30代も半ばを過ぎているし、これといってずば抜けた学歴や資格を持っているわけでもありません。
非常に厳しい転職活動になることが予想されました。
なのに、そらは、あっけらかんとして「そんなに心配しなくても大丈夫だよ」と言うのです。
こっちは余裕がまるでない状態だったというのに。
でも、そらの一言で、だめだって思ったら本当にだめな方向に行ってしまうなと思えてきて、すうっと気持ちが楽になっていきました。

気持ちが前向きだと、ものごとも前向きに進む気がします。
もちろん、書類審査で落とされたところも複数ありますが、それはその会社と縁がなかっただけに過ぎないと思って気にしませんでした。

そんなことがこの1ヶ月弱の間にあり、最終的に3社から正社員採用の内定が出ました。
そのうちの2社は条件や待遇もよく通勤も便利。
というか、そこにメリットを感じて応募したのであって、仕事内容(事務職)には特になんの魅力も感じていないというのが正直なところです。

もう若くないし、さいごの転職にしたい。
あと20年以上働くのだから、やりたい仕事のほうがいい。

というわけで、内定が出た3社のなかでは条件的にはちょっと劣る部分があるものの、面接時、直感的にこの会社で働きたい!と強く思った会社を選びました。

旅行会社です。

新卒で就職したのも旅行会社でしたが、相当なブランクがあるので、もう旅行業界に戻ることは不可能だと思っていました。
運とか縁はあるんだなぁと、しみじみ感じています。
FH000002_20150218221314a8b.jpg
これは屋久島でプロペラ機から撮った風景。
旅立ちの瞬間、お気に入りの写真です。

最近はめっきり旅もしなくなってしまったけれど、やっぱり旅が好きだし、旅の話をしているときや考えているときはわくわくして、自分がとても生き生きしてるなって思います。
ブランクは相当あるものの、きっとそういうのが面接時に現れていたのかもしれません。
面接で旅や地理に関する問題をたくさん出されましたが、面接官の人たちよりも私の方が詳しいくらいでしたし(笑)
旅先の好みが渋いって言われました。

やりたい仕事を選んだからといって、いいことばかりではありませんが、この会社で働きたいって強く思えた自分を信じ、がんばります。

3月からリスタート!

category: Diary

tb: --   cm: 2

バイアスの美しさ  

トップスの続き。
パターンマジックに載っている、見返しで襟ぐりにドレープを作る方法に挑戦中。
いきなり本番生地だと失敗したときにショックが大きいので、別布で仮縫いします。
RIMG0007-041.jpg
前身頃はバイアス裁ちです。
バイアスは生地をたくさん使うので贅沢ですが、表情ゆたかになりますね。

作業する向こう側では、ひなたぼっこする青と環。
RIMG0004-046.jpg
リビングは南と西が窓なので、日中から夕方にかけてずっと日が差し込みます。

あごを乗せてこっちを見ているのが可愛くて、つい写真を撮りまくる私。
RIMG0006-038.jpg
「いいからさっさと仮縫いするにゃ」

はいはい、と頑張り始めたのも束の間。
RIMG0008-041.jpg
作業中のテーブルに移動してきてゴロン。
そして結局、青と戯れる私。
猫と遊んでいる時間のほうがよっぽど長いのはいつものことです。
そうこうしながらも、とりあえず前の見返しをつけてどんな感じなるのか確認だけしたかったので、必要な部分だけ縫ってみました。(他は省略)
RIMG0019-021.jpg
うーん、見返しの形が独特で縫い方が難しく、適当に縫ったら仕上がりもイマイチになってしまいました。
ドレープもあまりきれいとは言えないし……手直しが必要です。
もう一度手直ししてみて、それでも手におえなかったらツーピースのトップス型紙を利用して作ろうと思います。
でも、バイアスでとった生地はそれだけで動きが生まれるので、とても美しいです。
挑戦には失敗も多いけど、いろいろと勉強になります。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

あんずのチョコバー  

久しぶりにお菓子を作りました。
あんずのチョコバーです☆
RIMG0015-022.jpg
と説明書きをしないと、あんずが入っているのがわからないのですが(笑)
干しあんず、マシュマロ、シリアル、アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツをチョコにとじこめて、くるみをトッピング。
バレンタインデーにちょうどピアノのレッスンが重なったので、先生(男性です)にも渡そうと思って多めに作りました。
RIMG0018-020.jpg
ラッピングのことを考えていなかったので簡易的ですが、食べるときに手が汚れないようにだけはしたいと思い、オーブンシートに包んでマスキングテープを巻きました。
なかなか都合がよかったので、そらにあげる分(自宅用)も同じように包みました。
あんずの甘酸っぱさが隠し味の、いろんな食感が楽しいチョコバー♪
そらも気に入ってくれ、先生も喜んでくれてよかったです。

ピアノは今日から新しい曲の練習も始まりました。
来月の演奏会で弾く曲もまだ表現がいまいちなので、当日まではこの曲一本でいいと思っていたのだけど、先生は違う曲を弾くことで気づくことや、最初の曲がうまく弾けることがあるって力説するので。
練習してみて、確かに気づくことはありました。
私にとって初めてのピアノ曲(演奏会で弾く曲)、なんて難しい曲を選んじゃったんだろうかって!
下手したら、今日から始めた2曲目のほうが先に弾けるようになりそうです(笑)


あ、昨日もらったチョコも載せておこう。
RIMG0010-035.jpg
その名も「ぷにゅチョコ」
マシュマロとチョコの組み合わせで、肉球部分は、ぷにぷにしています。
「喜びそう! と思って選んだあとで、猫好きにとっては残酷で食べられないかもって心配になっちゃって…」と渡されました。
そんなことないです。
だって、そらは青や環の肉球をいつもくわえて喜んでいますから(^^;
RIMG0011-029.jpg
意外と大きいのです。
激甘だったらしく、味はいまいちとのことでした。

category: お菓子

tb: --   cm: 0

ひなたぼっこシェルフ用の猫ベッド  

リビング窓辺に置いている、通称・ひなたぼっこシェルフ
このシェルフの奥行に合わせた猫ベッドを作りました。
RIMG0001-044.jpg
以前作ったけど二度と出番のこないスカートを再利用(右側のリネン)。
左側はコットン100%の生地で、シノワズリを思わせる柄が気に入って買ったものです。

今回、側面部分にギャザーを寄せてみたり試行錯誤して作ったので、2時間ちょっとかかりました。
RIMG0054-005.jpg
楕円形の猫ベッド。
できあがりもシノワズリっぽくてお気に入りです♪

ひなたぼっこシェルフにもジャストサイズ。
RIMG0034-010.jpg
さっそく青が入ってくれました。

遠目から見ると、なんだか温泉に入っているみたい(笑)
RIMG0049-003_201502080004494e6.jpg
「いーい湯っだにゃ~ アハハン」
気に入ってくれたようでなによりです。

気に入ったといえば、こちらも気に入ったみたい。
RIMG0004-043.jpg
先日、カバーを新しくしたアイロン台。
ミシンをするときはアイロンもスタンバイしているのですが、青がどいてくれません。
ちょうどいいひなたぼっこ台のようです。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

圧力鍋の世代交代  

ちょっと大げさかもしれないけど、圧力鍋は働きながら子育てする私にとって炊事の手助けをしてくれる大事なもので、圧力鍋にまつわる思い出もたくさんあります。
そんな圧力鍋を新調しました。
RIMG0056-004.jpg
左は15年ほど使ってきた圧力鍋で、右が新しくやってきた圧力鍋。
最近の圧力鍋はとても使い勝手がよく性能もよいらしいというので、実はずっと欲しいと思っていました。
鍋のバーゲンをやっているときなんて、圧力鍋の前で買おうかどうしようか延々と立ち止まって悩んだり(笑)
でも、長く使っている圧力鍋に愛着があって、結局は買わず…の繰り返しで、気づいたら15年弱。
しかも高価なものではなくて、バーゲンで5,000円で買ったもので、それはそれはもう元をとるどころではない大活躍ぶり!
感謝感謝。
そしてお疲れさまでした。

新しい圧力鍋も、バーゲンで見つけた4,400円のもの。
だけどデザインからなにからグレードアップされた感じがひしひしと(笑)
さっそく使ってみました。
RIMG0005-040_20150207220238ce7.jpg
私もそらも大好きな、ぶり大根。
祖母の手料理で育ったせいか、煮物が大好きな私。
子供の頃は食卓にからあげとかハンバーグみたいなものは出ることがなく、煮物や煮つけ、てんぷら、刺身がおかずであることが多かったです。祖母の実家が魚屋なので、毎日魚が出るのが当たり前だったこともあります。
その食生活がそのまま今の我が家の食卓になっている部分があって、煮物はほんとうによく作ります。
まったく魚臭さの残らない煮つけとか、おばあちゃんの味はなかなか再現できませんが。
RIMG0006-037.jpg
肉や魚と一緒に煮た、しみしみの大根は最高ですね。
ただ、これまでの圧力鍋の感覚で煮たら、圧力をかける時間がちょっと短かったみたいでした。
新しい圧力鍋のコツを早くつかんで、どんどん活用したいと思います。

魚を焼いたり煮たりしていると落ち着きがないのが、こちらのふたり。
RIMG0004-044.jpg
食後はお水を一緒に飲んでいることが多いです。
冬は寒いので朝晩と湯冷ましを出すのですが、ものすごい勢いで飲みます。
やっぱり猫も寒いときは温かいものがホッとするのかな?
逆に、夏は水に氷を浮かべてあげます。
これまた大好評♪
-- 続きを読む --

category: 食べもの

tb: --   cm: 0