ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

包丁研ぎと、キッチン大掃除  

うちの会社は今日が仕事納めですが、私は12/24の土曜日に出勤したので一日早く今日から年末年始休暇に入りました。
朝イチでとある講習会に行ってきて、正午には帰宅してキッチンの大掃除に取り掛かりました。今年は大掃除を早め早めにやり始めていて窓掃除もだいぶ前に終わっていたのに、キッチンだけは億劫でなかなか取り掛かれずにいました。
でもやっぱりきれいなキッチンにして新年を迎えたい! と、一生懸命に掃除すること2時間……ぴかぴかのキッチンになりました☆
RIMG0031-019.jpg
コンロの横で堂々としているのが、本日のヒーロー『セスキの激落ちくん』です。今までのキッチン掃除と比べてものすごく効率よく油汚れを掃除できました。
換気扇と五徳掃除には『セスキ炭酸ソーダ』を熱いお湯でといてつけおきすることで、ぎとぎとが残ることなくすっきり掃除できたのが感動。もっと早く使っていればと悔やまれます。

壁も戸棚もぜーんぶ「激落ちくん」で掃除できて、これが気持ちいいくらいきれいになるので掃除が楽しくなってきます。今まではコンロ周りに透明シートを貼って油汚れガードをしていたのだけど、これからは「激落ちくん」で拭き取ればきれいになるとわかったので、シートも使わないことにしました。
RIMG0033-017.jpg
ティファールのケトルも新品のようにぴかぴかに磨けました♪

トイレやお風呂、洗面所といった水回りはこまめに掃除しているのでそれほど汚れも溜まりませんが、油のベタベタが嫌でつい先送りにしてしまう換気扇やコンロ周りの掃除は汚れが溜まっている分、やっぱり掃除が大変(>_<)
もうちょっと頻度を高めないといけないなぁと思うのでありました。でも、今年の汚れは今年のうちにきれいにできてよかったです。明日、自分の部屋のクローゼット内を整理したら今年の大掃除は完了☆

それと、冒頭で書いた とある講習会。
実は包丁研ぎの講習会に参加してきたのです。
母からもらったヘンケルスのシェフナイフ(いわゆる牛刀)、かれこれ20年も使っているのですが、これまで研ぎに出したり、自分で簡易的な包丁研ぎ器で研いだりしてきました。包丁研ぎ器は手軽で、それなりに切れるようになるのでいいのですが刃こぼれするというか、刃先が粗削りな感じになってしまうのが素人目にもわかりました。
買い替えるのは簡単。
でも、丁寧な暮らしというのを心がけるようになってから、ものに愛着を持って丁寧に長く使うようになった私。それは買う時から始まっているのですが、そんなことを考える以前から使っているものに対しても同じようにケアしながら長く使えたらいいなと思います。
そこで、包丁も自分で砥石で研げたらいいなと思うようになり、教えてくれるところをみつけて参加してきたのです。
blog43.jpg
こうやって並べてしまうと、まるで洗っていない包丁を持参したかのようですが、きちんと洗ってあるきれいな包丁です。毎日使っていると気づかないけど、だんだんこうしてくすんできてしまうんです。
しばらく研ぎに出していなかったので、荒砥で研いでから中砥、そして仕上げという三段階にわたって研ぎました。最初はおっかなびっくり。でも、慣れてくるとスムーズに包丁を運べるようになりました。最後に磨いて、ぴっかぴかに。
「売っている包丁は誰が使ってもそれなりに切れるように作ってある。つまりは、自分にぴったりの切れ味にはなっていない」と、職人さんに言われました。市販されているほとんどの包丁は、右利きの人でも、左利きの人でも同じように切れる包丁なのです。もちろんそれで充分なのですが、自分で研げるということは自分仕様に刃を変えられるということだと。
私は右利きなので、右利き仕様の包丁に研ぎなおしました。また、刃先と柄の近く部分では切るものが異なることから、刃の角度を変えることでより使いやすくなるようにしました。今までそういう考え方をしたことがなかったで、目から鱗というか。
研いだあとは、トマトの薄切りもスーッときれい!
パンも生地をつぶすことなくスーッと切れます。気持ちいい!

職人さん曰く、「包丁は鉛筆と一緒。刃(芯)がある限り使える。すぐに買い替えたりせず、削って最後もう持てなくなるまで使ってほしい」とのこと。
私もさっそく砥石を買うことにして、これからは自分で包丁のメンテナンスをしながら長く愛用していきたいと思います。
スポンサーサイト

category: Diary

tb: --   cm: 0

レザークラフトで猫のパスケース  

またまたレザークラフトのワークショップに参加してきました。
今回は9月に行ったワークショップとは別の工房さんです。
9月に作った手帳カバーはさっそく愛用していて、ちょっといびつなステッチもそれなりに気に入っているのですが、オリジナリティには欠けるというのが正直なところ。
そらが学校で作ってプレゼントしてくれたキーケースのように、デザインが自由に描けるカービングレザークラフトをやってみたくなったので、ワークショップをみつけてさっそく申し込みました☆

カービングと言っても、今回は短時間の体験なので本格的なものではなくて刻印を打って染色をして手縫いするという工程を少なくしたものです。

3時間という短い時間のなかで、カービングの説明に始まり、革の説明やら道具の説明などあって、刻印の練習……そしてすぐ本番の革にデザインを考えながら刻印して染色、乾かしてからニス塗りをして、また乾かして、縫って、はと目を開けて、持ち手をつくってカシメで留めて……と、大忙し!

悠長に写真を撮ったりしている余裕はまったくありませんでしたので、いきなり完成写真☆
RIMG0004-054_20161225223350ff7.jpg
持ち手(?)部分の革も全部手作りです♪
カービングに使う革はタンロー(タンニン鞣し)という種類で白っぽい色をしています。なので刻印を打つほうの革は選択肢がないのですが、反対側はサドルレザーで数種類の色から選択できたため、私は黄緑色を選びました。

デザインはまったく考えていなかったので、いろんな刻印の中に猫をみつけたので、うちの青と環をモデルにしよう! と決めて思いつくままに刻印していきました。
RIMG0005-050.jpg
染色は時間の関係もあり、赤・青・黄色の3色のみを使って、それらを組み合わせたり薄めたりして色を作っています。環の三毛がうまく出せなかったのが残念!
でも雰囲気でわかるのでよしとしましょう☆

いちばん苦労したのは、この緑のグラデーション。
RIMG0006-046.jpg
グラデーションはなかなか難易度の高い技らしいです。初心者はそういうのを知らないで挑戦しちゃうんですよね(笑)
思うようなグラデーションは出せませんでしたが、なんとなく濃淡が出たのでこれもよしとしましょう。

ワークショップには今までにもたくさんの人が参加されてきたそうですが、私のように全体的に描こうとする人は珍しいんだそう。普通は真ん中や右下などの一部分に花束のようなデザインをする人が多いみたい。(先生の用意した見本がそういうデザインだからというのもあると思います)
「あなた、面白いデザインにしたわね~」と、感心(?)されちゃいました。切って縫うだけの前回のレザークラフトとは違って、かなり個性が出て面白いです。
他にも作ってみたいものがあって、来年から不定期で習いに行くことにしました。楽しみ♪

*****
今日は朝いちばんで今年最後のピアノレッスンにも行ってきました。
クリスマスまでに仕上げる! を目標にしていたシューベルトのアヴェ・マリアはなんとか完成。でも人に聴かせられるレベルではありません(>_<)
もう1曲は来年に持ち越しです。

レッスンのあと、クリスマスなのでそらと一緒にアフターヌーンティーに行ってきました。
IMG_20161225_122706.jpg
ケーキが選べて、私はカシスムース、そらはチョコレートです。
クリスマス仕様になっています♪
IMG_20161225_122731.jpg
サンタが乗っているのはプリンなのですが、ただのプリンではなくてイチゴショートとコラボしたようなプリンでびっくり。(うまく表現できない…)
このセットのなかでいちばん美味しかったかもしれない。
でも、スコーンも捨てがたい。温かいスコーンは最高に美味しいですね。
IMG_20161225_122742.jpg
家だとテレビがついていたりして、食事をしながらあまり会話を楽しむということもないので、思い切ってアフターヌーンティーに行ってよかった♪
こうしてそらと一緒に外食ができたことが、私にとって最高のクリスマスプレゼント。
いろいろ予定を詰め込んだクリスマスでしたが、とてもよいクリスマスでした。

category: レザークラフト

tb: --   cm: 0

クリスマスプレゼント  

3連休という方も多い今年のクリスマス。
イブの今日、私は仕事でした。
ということで、今年もお世話になった同じグループの女子メンバーふたりに、感謝を込めてクリスマスプレゼントを用意しました♪
RIMG0089-004.jpg
ハンドタオルと、柄に合わせたチロルチョコ。
WEDGWOODのワイルドストロベリー柄が大好きで、学生時代の長い期間、この柄のお財布を使っていたこともあります。(実は捨てられなくてまだとってあります。ボロボロだけど…)
プレゼント用なので、いちばん人気のピンクのタオルを選びましたが、私自身はアイボリーを購入。グループみんなでお揃いです。男性にはありませんが(笑)

去年はおそろいのルームシューズをプレゼントに選んで、それに合わせたプレゼント袋を手作りしました。はぎれで作ったものでしたが、とても喜んでもらえたので今年も作ることに。
RIMG0088-003.jpg
今年はポーチ☆
巾着よりも使い道があるかなーと思ったのと、生地にあう手頃な紐がなかったので。でも、ラッピングしたタオルのサイズに合わせてポーチの大きさを決めてしまったので、ちょっと大きなポーチになっちゃったかも。通帳入れくらいのサイズのほうが使い道があったなぁと。
RIMG0091-003.jpg
この生地、とっても可愛くて大量に購入してしまったものの、使い道がなくてずっと眠っていたもの。だけど、来年は酉年! ということで、今使わないでいつ使うのかというくらいのタイミングがやってきたので、さっそくカタチにしました。
23日の夜に作って、今朝出勤前に急いで写真を撮ってので中(裏地)の写真を撮り忘れましたが、以前、環の猫ベッドを作った時のピンクのバラ柄のはぎれを使いました。
RIMG0093-005.jpg
タオルを入れたら、ちょうどいい感じのふくらみに♪
会社で渡したところ、中身よりもポーチに喜んでくれました。
喜んでもらえて私もとっても嬉しい!

そらには今年、腕時計をプレゼントしました。
高校入学時のプレゼントにしようとしたら、いらないというので保留になっていましたが、少し前に「やっぱり腕時計ってあったほうがいいかな」なんて言っていたので、必要性がでてきたのだと思います。

私は自分へのプレゼントとして、昨日、炭酸ヘッドスパに行ってきました。頭や首、肩の凝りをほぐしてもらったら眼精疲労で痛かった目の奥もすっきり☆

猫たちにはスープ仕立てのチキン。
私の帰りが遅かったので、そらがすでにカリカリごはんはあげてくれていましたが、クリスマスなので特別に別腹で。
今日は仕事でバタバタだったので、明日のクリスマスはもうちょっと落ち着いて夜ご飯をゆっくり食べられたらいいなと思います。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

100均の材料でクリスマスリース  

毎年この時期になると、クリスマスリースを飾りたいと思っていました。
でも、高価なものは必要ないし、かといっていかにもチープ感があるものをあえて飾る気にもならず……。
そこで思いついたのが、100均のチープな材料で豪華なリースを作っちゃおうって。日曜日に挑戦してみました。

100円ショップのダイソーで購入したのはコチラ↓
RIMG0011_2016121321133486c.jpg
あえてクリスマス商品コーナーにあるものではなく、白いリース本体(大きいサイズにしたので200円商品)を選びました。造花はポインセチアなどを選びたい気持ちをこらえて、白薔薇をメインに野葡萄や柊など7本。
いかにもなクリスマスリースでは手作りする楽しみがないので、ほかにはなさそうなクリスマスリースにしたかったのです。
使ったことがないけど、便利そうだったのでグルーガン(200円商品)+スティックも一緒に購入。

これはなんだろう? 雪が積もったモミの枝かな?
RIMG0015_201612132113373d7.jpg
1本は葉先を細かくわけて、もう1本はまとまった状態で使うことにします。
自由な発想で、しかも大胆なくらい立体的に作れるのが手作りの醍醐味。
RIMG0016_20161213211338892.jpg
リース本体の上に置いてバランスをみていきます。
最初は、全体を緑で覆ってしまおうかと思っていたけどつまらない印象だったので、一部は白いリース本体をのぞかせることにしました。

配置が決まったらグルーガンで接着していきます。
RIMG0014_20161213211336c19.jpg
使い方はとっても簡単。本体にスティックをセットしてコンセントを差すだけ。5分くらいでスティックが融けて引き金をひくとグルーが出てきます。

青がずーっと見守って(邪魔して?)くれていましたよ。
RIMG0019_20161213211340283.jpg
100円だけど、なかなか素敵な造花がたくさんあって、この白薔薇も色といい質感といい、遠目で見たら100円には絶対見えないくらいよくできています。
造花はニッパーで簡単にカットできました。パチンパチンとカットしていると、生花を扱っているような気分になります。

完成です☆
RIMG0021_2016121321134154f.jpg
薔薇は平面的にならないように大胆につけてみました。
柊は全部使わず、しかも柊だけはグルーで接着させずにリース本体に差し込んでつけました。こうすればクリスマスが終わった後、柊だけ抜き取れば普通のリースとして飾ることができます♪
代わりにリボンを巻いたりしても可愛いし。

さっそく玄関入って真正面にある私の寝室のドアに飾りました。
IMG_20161211_134512.jpg
ドアの雰囲気にしっくりくる理想的なクリスマスリースになりました。

category: てづくり

tb: --   cm: 0

TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA  

ピアノの先生が東京タワーで演奏するというので、土曜日聴きに行ってきました。
ちょうど夜景にマッピング映像を融合させたイベント『TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA』を見に行きたいと思っていたところだったので、ナイスタイミングと思って。
そらは土曜日は授業があることがほとんどで、昨日も授業+部活だったので帰りに待ち合わせして一緒に行きました。
IMG_20161210_184231.jpg
東京タワーは夏よりも冬のライトアップのほうが温かみのある赤で好きです。

ピアノの先生、レッスンのときとは違って緊張感のある表情で、見ているこっちまで緊張してしまいました。でもさすがプロ。演奏は素晴らしくて、そらも「先生、めっちゃうまいね」と何度も言っていました。

先生の演奏が終わってから、大展望台のプロジェクションマッピングと夜景を堪能☆
RIMG0001_20161211214046773.jpg
明るい夜で、空気が乾いているので遠くまで都会の街が澄んで見えます。

マッピングフォトスポットが2か所あって、もうちょっと明るい時間帯だったらトリック写真が撮れるそう。
IMG_20161210_201232.jpg
タワーのてっぺん部分に足跡マークがあるのは、そこに立って(座って)写真を撮ってねということみたい。夜はかなり真っ暗なので人間が写りませんでした。
IMG_20161210_200704.jpg
展望台というと、外を見ることがほとんどだけど、マッピングで映し出されたものが随所にあるので中を熱心に見ている人も多かったです。
IMG_20161210_200842.jpg
静止画だとなかなか伝わりませんが、時空を超えて旅している気分になります。

天の川のようなゾーンも。
IMG_20161210_201851.jpg
ライトの色がピンクからブルーへと移り変わります。
夜はガラス越しに外へまで反射で光の道がつながっているように見えて、とても神秘的。
IMG_20161210_202013.jpg
夜景と一体になって、思わず歓声をあげてしまいます。

マザー牧場CAFEでパフェを食べてから帰り、短い時間でしたが楽しい夜になりました。
RIMG0008_20161211214047018.jpg
エントランス前のイルミネーションもきれい。

12/25までは『クリスマス・ライトダウンストーリー』も開催中で、ハートマークのライトアップも見ることができます♪
RIMG0010_20161211214049e50.jpg
❤ 東京タワーのライトダウン伝説 ❤
午前0時。東京タワーがライトダウン(消灯)する瞬間を、一緒に見つめたカップルは『永遠に幸せになれる』という"恋の伝説"です。
※12/1~25の期間、通常は0時消灯のところを19:30に一旦消灯しています。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。