ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

ジュニア俳句大会  

先日、小中学生のジュニア俳句大会の入選発表がありました。
応募総数7500句の中から40名ほどが選ばれたみたいなんですが、なんと!
そらの読んだ句が、佳作として入っていました☆
授賞式のお知らせをいきなり渡されてびっくり(笑)
学校を通じて応募していたみたいです。

かみさまが つくってくれた ほしづきよ

なかなかファンタジーな句だなぁと思います。

授賞式に参加してきたのですが、選者の先生のお話はとても興味深いものがありました。
俳句というのは世界でいちばん短い物語で、五七五の中に季節も物事も入っています。
「自分が気づいたこと」「自分の言葉」「人まねでないこと」がとても大切なんだそう。
人は大人になるにつれて「意識して作ること」を覚えてしまう。
それはそれで大事なことだけど、俳句というのは発見することがもっとも大切で、
こどもというのは無意識に新しい発見を日々できる貴重な時期なんだとか。
確かに、なるほどな~と思いながら聞いてしまいました。


そんなそらは先週の金曜日の夜からウィルス性の胃腸炎にかかり大変でした(>_<)
あまりにひどいのと高熱が出てきたため、インフルエンザなのかと思って夜中に
救急病院へ連れて行ったらものすごく混んでて、これまたびっくり!
明け方やっと帰宅したものの、2回分の薬しかもらえなかったので日曜になるまえに
近所の病院にも連れて行き診察…。
気持ち悪くて横にもなれないみたいで、可哀想だし何もしてやれないしで私までぐったり。
体調が十分じゃないときに看病疲れで日曜夜には私の方が具合が悪くなってしまい。
めまいで起き上がれない状態になってしまったので、急遽、実家の母に来てもらいました。
月曜日はトイレも行かずに目も開けられない状態で横たわってました……
いったいどれだけ疲れたのでしょうか。
だいぶ元通りになってきたと思ってたけど、まだまだなんだなと思い知らされたというか(苦笑)

月曜日私が寝込んでしまった為に、今度はそらがものすごく心配したらしく大泣きしてビックリ!
「お母さんが1回も起きてこないから、大丈夫か心配で心配で…」って泣いて。
仕事帰りの父も来てくれていた時間帯だったので、両親もビックリ。
母親は元気で笑っていないといけないな、と思いましたよ!

category: こども

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret