ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

2匹目  

青を迎えるとき兄弟猫と2匹一緒にしようかどうしようか悩んで、結局、青だけにしたのだけど、なんとなく私のなかで2匹飼いたいという気持ちが捨てきれずにいました。
そんなときに、友人の諸事情から1週間だけ飼い猫(3ヶ月くらいの子猫)を預かることに。

青といきなり一緒にするわけにもいかないので、子猫だけ別室に隔離したんですが、ドアを閉めて姿は見えないのに青はシャーシャー!フゥーフゥー!威嚇したり、低く唸り声をあげながら落ち着きなく駆け回って、尻這いとでもいうのでしょうか……あちこちにお尻をなすりつけ(マーキング?)、威嚇し続けたあげくに嘔吐まで(´Д`;)

いきなり知らない気配を感じてパニックになっちゃったのかな(;д;)
子猫を入れた部屋は青のトイレ部屋だったのに、トイレを他の場所に移しちゃったのも、いつもお気に入りのお水飲み場であるケージを子猫に貸し出しちゃったのもストレスだったのかもしれない・・・。
子猫の匂いのついた私にも威嚇してきて、毛を逆立てて怒ってた。
幸い子猫のほうはよちよちのころから友人が育ててるので人馴れ抜群で、私に対してもゴロゴロいって抱っこもさせてくれる状態。
ごはんも食べてくれるし、水も飲んでくれるし、排せつもすぐしてくれた。

問題は青(ToT)
隠れこんじゃって姿を見せなくて、普段隠れるところを探してもいなかったりして。
と、思えば、こんなところで茫然と座り込んでたり!
P1001609.jpg
このいじけきって悲しそうな姿を見て、ものすごい罪悪感でいっぱいになってしまった。

「青ちゃん、こっちおいで」と声をかけてみるも…
P1001608.jpg
「僕のことはお気になさらずに」
とでも言わんばかりの表情(-_-)

これは我が家に来た当時の態度とまるで一緒です。
気にしないで、ほっといて、いないことにしてください、みたいな。

そして、子猫は子猫でかまってもらえないと寂しさで鳴くのでこれまた大変!
昨日の朝、ずっと鳴いていたんだけどセイのごはんの用意を先にしていたら、部屋にうんちをされてしまい、あげくに踏みつけて駆け回ったらしく、部屋中がうんちだらけ。・゚・(ノД`)・゚・。
今週は仕事が過酷で珍しく残業も多かったりもして、いろいろテンテコマイで怒涛の1週間でした!


で、安請け合いするんじゃなかった…と、早々に思った私なのですが、いいこともありました☆

青はすりすりしてきたり、甘えて膝に乗ってくることはまずなくて、自由きままであまり構われるのは好きじゃない。
たまに気分が乗ってるとき(?)には、抱っこさせてくれたりするけどほんとの短時間でした。

でも、子猫が来てから、最初の2~3日こそ子猫の匂いがする私を威嚇して撫でさせてもくれなかったけど、子猫の存在が青の独占欲に火をつけたのか、急に驚くほど甘えん坊さんに!

家にいるときにやらねばならない家事が終わるのや、子猫の相手が終わるのをドアの前でいじらしく座って待っていて|ω・`)
それで、私の手が空いたとわかると「ウルルニャ~ン」と鳴いて、私にぴったりとくっついて座るんです。

お待たせ~って、ナデナデしてると、体勢を何度も整えてさらに寄り添ってきて(それでも自分からは膝に乗ってこない)、もうこれ以上くっつけないでしょってなっても‘よいしょ、よいしょ’って一生懸命にもっと近づこうってしてくれて、だから抱き上げて膝に乗せるんですが…
R0012890.jpg
がしっと腕を掴まれて、すんすん鼻を鳴らして、ぐるぐるごろごろ。
私の膝の上で何度もぐるりんこして、もう離さないぞって感じでホールドされます(=´ω`=)

こんな甘えん坊さんだったなんてーーー!!!
というか、それだけ寂しい思いをさせちゃってるんだなぁと(ノω・。)

青はそらとも仲良しだけど、私の方により懐いているので、このふたりきりの甘い時間が青にはとても大切らしく、この時間を青が満足するまで(自分から膝を降りるまで)とってあげていたら、私が子猫をお世話しようと遊ぼうと匂いをつけていようと怒らなくなりました。
大変なこともあるけど、よいこともあるし、1匹飼いではおこらないことがたくさんあります。
何よりセイの性格っていうのを改めて分かってあげられたような気がします。

子猫は明日にはお迎えが来ますが、2匹目のシュミレーションができたのはいい経験になりました!
まあ、個性それぞれだから他の子だったら青の態度も変わるのかもしれないけど…。
うーん、猫2匹かー…また真剣に考えちゃいそう!!

category: ねこ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret