ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

小学校最後の学校公開  

春の学校公開に続き、秋の学校公開に行ってきました。
これが小学校最後の学校公開ということもあり、そらなにに何か思うことがあったのでしょうか、祖父母(私の両親)に電話をして見に来てほしいと頼んでいました。
母は地域の当番があって来られなくて、父が来てくれました。

参観したのは道徳と書道の授業。
道徳では、学校の休み時間が終わりそうなとき、校庭にボールがそのままになっていたらどうするか?というのがテーマ。
A君「進んで片付ける」
Bさん「状況を見て片付けるかもしれないし、そのままにしておく」
あなたはA君、Bさん、どっち派!?というものだったのだけど、意外なことにBさん派が3分の2を占めていました。
A君派は「片付けると気持ちがいい」「下級生が見て、6年生はさすがだなって思う」と言えば、Bさん派は「6年生が片付けても当たり前としか思わない」と。
いつも思うけど、どんな場面、どんな事例でも必ず賛成派と反対派がいるわけで、その言い分は6年生ともなると理路整然としていてすごいバトル(?)に。
最終的には、6年生として学校をきれいにしたい、下級生のお手本となるようにしたいというところに落ち着きました。
そらは最初はBさん派にいたんだけど、意見交換をしていくうちに6年生のあるべき姿というのを再認識したようで、授業の最後で、残りの小学校生活でクラスの目標をたてようということになったといに挙手し、「笑顔で挨拶をする。挨拶はされて嫌な人はいないし、第一印象もよくなるから」と発表しました。
なかなか立派に発言していて、ちょっと感動した母なのでした☆

そんなそらは9月に林間学校で日光に行ってきました。
3日間の集団生活はとっても楽しかったようで、クラスにはそのときの写真がたくさん飾られていました。
お土産にはお菓子と、手作りの益子焼のお皿。
R0012593.jpg
味があります。
でもこれ、私へじゃなくて、青ちゃんにあげるんだそう!
青のフード用にしてって言ってました。白にしたのは、フードが美味しそうに見えるからとのこと。
そらの中でも、ちゃんと青は家族の一員のようです☆

category: こども

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret