ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

住空間収納プランナー依頼(サニタリールーム編-2)  

サニタリールーム編の続編です。

収納を増やそう!と思い、さっそく実践。
R0014203.jpg
洗濯機の上の空間を利用して、突っ張り棚+カゴ収納。
もともとここに造り付けの棚を設置したいと考えていたのだけど、予算的に厳しくて断念。
洗濯機すぐ上の棚+カゴ3つは引越してきてすぐに設置して使っていたので、今回はさらに手前の部分に同じものを設置してみました。
これ、ものすごく収納力があっていいのだけど、やっぱり手前にあると圧迫感が否めない…。
物を減らして収納を撤廃するか、減らせないから収納の圧迫感を我慢するか、悩ましいところですが、今は物を減らさない選択にしました。
おかげで入りきらなくて困っていたタオル、トイレカバー類は全部ここに収納できました☆

洗濯機の横には幅18cmの隙間チェストを設置しました。
2013-03-185.jpg
18cmなんて置いても意味ないかなと不安はあったけど、置いてみたらこれが意外と収納力があって便利。
基本的にお風呂から出たときに着替える下着類や湯あげタオルを収納してみました。いちばん上といちばん下の引き出しがまだ空っぽなので、ワゴンのものを一部こっちに移してもいいかも。
お風呂を出た後使うバスタオルも、拭いた後にちょっと掛けておく場所が欲しかったので、突っ張り棒をしてみたら場所も取らないしいい感じ。タオル掛けってけっこう場所を取るから買うのを迷っていたので。
チェストの引き出しと引き出しの間になるように棒を設置しているので、突っ張ったままでも引き出しの開閉に問題はありません。

ワゴンからはタオルやカバー類が消えて、ほんとうにスッキリ。
2013-03-185 (2)
ドライヤーを入れていたカゴを取っ手にひっかけて洗濯ネット入れにし、ドライヤーは中央の棚へ移動。隣ふたつは現在空っぽ。
下の段には念願の(?)ティッシュを置くスペースができました(笑)
洗濯機や掃除機の取説もここにまとめ、すぐ見られるようにしました。
洗剤関係は隙間チェストのほうに移してもいいかなと思っていますが、とりあえずは日々使うものなのでサッと取り出せるこの場所のままで。
ただ、見た目がどうしても雑然としてしまうので(これらを統一のボトルなどに移して見た目をよくする手間暇は私には無理そう^^;)、布で隠しちゃえ~となりまして…
R0014206.jpg
こんな感じにしてみました☆
実はこのたんぽぽの布、本当は別の布のお試しハーフサイズっていうのを買ったつもりだったのに、番号を間違えてしまったらしく届いたらこれだったという…。この柄で、しかもこのサイズじゃ、使い道がないよーと思っていましたが、布団カバーを作った時の余り布を継ぎ足してみたらいい感じだったのでカバーリングで採用しました。

だいぶ使い勝手がよくなった気がして、ひとまず納得できるところに落ち着きました。
このサニタリールーム、実は青の夜の寝床にもなっているので、できるだけすっきりと掃除のしやすい状態にしたかったのです。
R0014210.jpg
寝床と言っても、素敵なベッドがあるわけではなく、こんな感じで。
押入れラックを使っていた時に、最下段にこのカゴを置いて、中にバスタオルを入れていたら、いつのまにか青が入るようになって。
しかもかなり気に入ってたから撤去しちゃうのは可哀想で、このカゴだけはここに残したのです。中身はバスタオルじゃなくて小さな座布団+ハーフケットにしましたが。
中身は替わっても、もともと青が使っていた座布団とハーフケットなので安心なのか、抵抗なく使ってくれています。夜、眠くなると自分で移動して寝てます♪

さて、住空間収納プランナーさんにお願いした記事は以上になります。
プロにお願いしてよかったなぁと思うのは、まず第一に整理収納のコツがわかったこと。いくつかの大事なポイントさえ押さえていけば、必ず使いやすくて片付けやすい整理収納ができるんだってわかって、片付けが楽しくなりました。
楽しくなると、あれしてみよう、これやってみようって気持ちにもなるし、もっと自分スタイルにしていこうと思っています☆
それに、インテリアを楽しむにしても、そのまえにきちんとした整理収納があってこそだなぁとしみじみ感じました。
これからも少しずつ手をかけて、暮らしやすいマイホームにしていきたいと思います。

category: My home

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。