ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

首輪が苦手な愛猫のために作ってみた♪  

青はとにかく首輪が苦手で、今までに何種類か試してきましたがどれも狂ったようにパニックになるので可哀想で断念しました(´Д⊂)
環はまだ試したことはないんですが、やっぱりいつ何が起こるかわからないので(通院時の脱走や災害時等々)、常用でなくとも首輪はできるようになってもらいたいと、何がそんなに嫌なのかを研究しました。
結果、どうやら青の場合はサイズがジャストフィーリングじゃないもの、素材自体が重いもの、歩く時に揺れるものが嫌そうだということが判明!
これをクリアするべく、青と環の首輪を作ってみることにしました。
R0016287.jpg
手持ちでよさそうな柄がなかったので、手芸やさんで10cmずつ購入。
10cmしか買ってなくても、1つの生地から4つ(大目に裁断してある場合は6つ!)も作れちゃいます。

いろんな作り方があるかと思いますが、私が作るのは巷でよく見かける強い力がかかったら外れる首輪(事故防止のため)にします。
生地のほかに用意するのは、好みのバックルとアジャスターだけ。
R0016290.jpg
これは環用ですが、女の子なので可愛くピンクでまとめることにします。生地に合わせて色やデザインを選ぶのも楽しいです。
見た目はゴージャスですが、バックルはアルミなのでとっても軽くて1円玉程度の重さしかありません。
作り方…は、いたってシンプルで簡単なので載せるまでもないですがこれを見て作ってみよう☆と思われる方もいるかもしれないので一応(いないか^^;)
青&環3
バックルを1cm幅のものにしたので、生地も最終的に幅1cmになるように縫えばOK。
私はズボラでおおざっぱなのでチャコペンで印つけたりするのは面倒なタイプ
なので……
1、最初は4cmよりやや小さめの幅で裁断した生地を真ん中アイロン。

2、開いて両端を内側に少し折りこんでアイロン。←このとき、両側とも1cmになるようにだいたいの目安をつけて。

3、2をたたんでアイロンし、待ち針で留める。

4、輪ではないほうを、端から2mm程度のところを直線縫い。

ミシンはここでおしまい。
もちろん全部手縫いでもOKです。

ミシン糸の色でも遊ぶことができるので、せっかくオリジナルなんだしと思って白糸ではなくオレンジを使ってみました。
青&環4
バックルとアジャスターを通し、リボンの両端は三つ折りにしてまつり縫い。

あっと言う間に、完成で~す♪
R0016328.jpg
なんとなく難しい印象があったけど、作り始めてみればとっても簡単です~。
簡単とは言っても、これだけは忘れちゃいけない。
R0016312.jpg
確実に、何度も途中、生地をおもちゃと勘違いしたにゃんずの妨害に遭います(>_<)
ここはうまくかわして進んでください!

さっそく環に試着させるも、子猫だけになかなか静止してくれず…
寝っころがった時にパチリ。
R0016332.jpg
こ、怖いよ、顔が!

青には、こちらを作ってみました。
R0016318.jpg
環とおそろいのバックルだけど、黒だからちょっと大人っぽい印象!
こちらもミシン糸はコバルトブルーにしてみました。

首輪嫌いの青、いったいどんな反応するのか……

って、全然嫌がらないw(*゚o゚*)w
R0016321.jpg
しかもなんか似合ってる・゚・(ノД`;)・゚・

後ろのすだれは気にしないでください。
作った私がいちばんビックリ!
嫌がらないどころか、つけてるっていう感覚がないらしく、まったく気にするそぶりをみせません。
この調子で少しずつ首輪慣れしていってくれるといいなぁ。
そして、通院とかで外出するときには首輪を装着させるようにしたいと思います。
R0016340.jpg
ふたり一緒に撮りたかったけど無理すぎた図で終わる^^;


今回使ったパーツはこちら。



カラー丸カンや花のデザインも可愛かったので買っちゃいました
今度作ったら、またupします

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret