ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ロックミシンがやってきた☆  

先週、初体験したばかりのロックミシン。
あの速くて美しい仕上がりに感動しきりだった私ですが、その日の夜には『欲しい!』となりロックミシン探しの旅へと(笑)

きっとロックミシンを買おうと思ったほとんどの人が通る道であろう、
高くて便利機能満載のベビーロックの衣縫人or糸取物語にするのか、アナログだけれど必要な機能は満たしている中堅どころのJUKI MOシリーズorベビーロック アーチザン630あたりにするのか……
はたまた調べていくうちに出てきた、アタッチメント5点つきなのに3万円でおつりがきてしまう格安のトヨタのSL-432DXでもいいんじゃないだろうかという悩み。

衣縫人や糸取物語のエアスルーやら自動糸調子は便利でいいなと思う反面、金額にひるむ。
洋服作りを始める前まではロックミシンの必要性をそこまで感じていなかった(ジグザグや袋縫いなどで納得していた)わけで、こんな性能がいいものは必要ないんじゃないだろうか……でもどうせ買うならいいものを買った方が後々いいんじゃないだろうか……のエンドレスループ(笑)

で、3日間くらい悩みに悩んで上位機種は除外しました。
だって私の家庭用ミシンの性能や値段を考えたら釣り合わないんだもの(^^;
つい最近まで使っていたミシンは1万円くらいで買った低級ミシンだし、今使っているミシンだってレベルアップしたといっても4万円弱で買った中堅ミシンです。
でも私には十分すぎるくらい。
ロックミシンも端かがりをもっとスピーディーにきれいに仕上げたいという気持ちがメインなので、ほどほどのミシンで十分だろうと思いました。

そして、これに決めました☆
RIMG0003-018.jpg
JUKIのMO-114DMです。
糸通しも糸調子もアナログだけど、全然難しくありません。
家庭用ミシンの糸掛けができる人だったらまったく問題なし。
ただ目が極端に悪いとしんどい部分があります(これは家庭用ミシンも一緒かな?)。

これで端かがりが一気に楽になりました!
……と言えるといいのですが(^^;
ちょっとカーブがうまくロックできるか不安です。
RIMG0004-039.jpg
朝からこんな感じでミシン並べて作業中~。
そらは「ごはん食べるとこないよー」と文句言っていましたが、リビングのローテーブルを使ってもらいました(笑)

あ、ミシンに乗ってる布。
RIMG0005-037.jpg
これも先日、日暮里で買ったニット地なんですが、超簡単にできそうなチュニックをロックミシンの練習がてら先に作ってみようと手を出したはいいけど、ものすっごく扱いにくい生地(>_<)!
ニット用の針(家庭用ミシンで)を使ってもうまく縫えません。
しかも襟ぐりは手まつりで閉じなくちゃいけなくて……ロックミシンがきたので、ちゃんと完成できるといいのですが。

結局、これを後回しにして、黄色いシャツを再開。
RIMG0022-016.jpg
袖をつけてるところ。
ガーゼですが、とても縫いやすい生地です。
私はこういう生地でもっと練習したほうがいいかも。
RIMG0023-014.jpg
さて、それではこのシャツの端かがり、ロックミシンで挑戦したいと思います!

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。