ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

家庭科の教科書で復習  

縫製中のリネンワンピース、少しずつですが進んでいます。
ミシンを出しっぱなしにできる環境にないので、なかなか平日はミシンを出す(というか片づけるほうの)意欲が出なかったりして亀よりも遅いスピードですが……。
今作っているワンピースは、(ほぼ)初めてやる工程がいくつかあります。

まず、ギャザー。
RIMG0021-016.jpg
腰ベルトに合わせて見頃とスカートそれぞれギャザーを寄せます。
これが思いのほか苦戦(>_<)
ギャザーを滑らかに寄せることができない&均等にならすことができない。ポリエステルや綿で練習したときはとっても簡単だったので、このリネン(けっこう張りが強い)が難しいんだと思いたいのですが。
だいたい均等にできたところでしつけをしてから本縫い。その後、ロックミシン。
この生地はほつれがすごいので、ギャザー寄せるためにいじくりまわしていたらホロホロとほつれてくるので焦りました。

ファスナーは時間がかかりそうだったので、スカート裾のまつり縫いを先にしました。(ほんとうはいちばん最後の仕上げでやるようになっていたけど)
ここで、問題が!
ずいぶんと久しくまつり縫いをしていない私、あれ? これでいいんだっけ? と不安になり、そらに家庭科の教科書見せてと頼みました。
そうしたら、「なにするの?」と聞くので、まつり縫いのやり方調べるのって言ったら、「俺、知ってるから教える!」と。
非常に不安でしたが(笑)、一応、教わり、「確認のために教科書も見せて!」と頼みました(^▽^;)
RIMG0020-016.jpg
私の記憶も、そらの教えてくれたのもあっていましたが、布の持ち方とかロックミシンがかかっている場合のやり方は知らなかったので確認して正解でした☆
ミシンにまつり縫いのアタッチメントがあるので、それと手まつりとどっちがきれいか比較したところ、やっぱり手でまつったほうが表に響かないように縫えるので、面倒だけど手でまつることにしました。
RIMG0022-017.jpg
生地と同色の糸でまつっているのでわかりにくいですが。
もともと手縫いが苦手な上に、器用でもないので2時間くらいかかりました。

この週末はコンシールファスナーつけ。
しつけ糸が見当たらなくて、ミシン糸でしつけたので見えにくいですがちゃんとしつけはしてあります。
RIMG0001-023_2014052515042669b.jpg
専用のアタッチメントは、会社の先輩(洋裁はプロ級)がくれました☆
すごく時間かかってやっとファスナーがつけ終わって、やったー!と思ったら、ファスナーに不備が(ノДT)
閉めた時に、途中のほんのわずか1cmくらいだけ噛み合っていなくて閉まらない(穴あき)状態になってしまう!
最初に確認しなかった私が悪い。
それはそうなんだけど、辛い・゚・(ノД`;)・゚・

もうやだー!と投げ出したくなった瞬間、
RIMG0001_20140525155354c77.jpg
にゃ~ん
(焦らない、焦らない)
って、うちの猫たちが私をなぐさめにきてくれました(勝手な思い込み。笑)

私は縫ったのをほどくのがいちばん大嫌いな作業なんですが、それをなんとかクリアしてからは続けて2度目ということもあって短時間でファスナーがつけられました~☆
RIMG0002-023_20140525150428681.jpg
ここまできてやっと洋服らしいかたちになってきました。
嬉しい☆
このあとまた裏ベルトを手でまつり縫いしてつける作業が待っていますが。

慣れた人にはなんてことないものでも、初心者の私にはひとつひとついつもよりハードルが高い。
ちょっと疲れたので、他の型紙うつしたり、生地の水通ししたりしながらのんびり完成させようと思います。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。