ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

フェイクファーと合皮の秋色Bagできました  

秋冬に使える温かそうなバッグが欲しいなぁと思い、フェイクファーと合皮の異素材コンビで作ってみました☆
RIMG0034-009.jpg
こげ茶色の合皮も、縞々模様のフェイクファーも、はぎれなので300円でした。
ゴールドの持ち手は『なんでこの色買ったんだろう?』と思ってしまうくらい以前に買ってあったもので(笑)、その色からしてなかなか使い道が決まらずにいたものです。
バッグ部分だけ作って家にある持ち手をいくつか乗せてみたところ、このゴールドがいちばんしっくりきたのは嬉しかった~♪
はぎれ生地なので、フェイクファーでは持ち手を作れるだけの分量がなかったので。

なんとか形にはなりましたが、フェイクファーも合皮もミシンで縫うのは初めて。
布帛とは勝手が違ったりして難航した場面も(笑)
RIMG0082-002.jpg
私のミシン性能はそれほどよいものではなくお値段なりのパワーなので、合皮などの硬くて厚みのあるものは厳しかったりするのです。(ジーンズはきっと縫えないと思う)
今回、16番のミシン針を使い、縫い込んでしまったファーをあとで引き出しやすいようにミシン目を普段よりも粗く(3mm)して縫いました。
blog29.jpg
このフェイクファーは毛足が短いので(ボアにも見える)縫い込んだままでもそれほど気にならない程度ですが、毛足が長ければ長いほど縫い目のところに境界線がくっきり出てしまって不格好なので、目打ちで掘り出してあげると自然になります。

マチはたっぷりとりました。
RIMG0044-005.jpg
正面からだとわかりにくいですがマチ部分に合皮を使っています。
これも1枚仕立てにするには生地長さがたりなかったので、中心(バッグの底)で接いでいます。
フェイクファーの面にタックを取っているので、ころんとした丸みが出て可愛い♪

内側はこんな感じ。
RIMG0035-008.jpg
内袋は、サテンのはぎれミックスに入っていたチョコレート色を使ってみました。
マチ側の両サイドにはポケットも。
がばっと口が開くのはいいけど、常に開きすぎているのもなんなのでマグネットスナップでもつけようかと考え中。
まぁ、いろいろといびつな部分はありますが、温かそうな見た目のバッグになりました♪
RIMG0045-005.jpg
はぎれの組み合わせでフェイクファー300円(使い切り)、合皮300円(まだかなり残ってる)、サテン50円(使い切り)、持ち手(自宅在庫品)で完成☆

今まで秋冬は編み物をしていることが多くてソーイングは春夏という感じだったのだけど、猫がいると編み物をするのがとても大変なので秋冬にもソーイングが楽しめたら嬉しいな。
ほかにもフェイクファーはぎれを買ったので、それも別のバッグにしたいなと思います。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret