ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

リバティとデニムのトートバッグ  

A4サイズの書類や本がたっぷり入るバッグが欲しくて、お気に入りのリバティ柄を使ったトートバックを作りました。

リバティの『ウィルトシャー』という柄で、ベリーの実と葉が描かれています。
色が何種類かあって、どれも素敵。
今回は春~夏に似合いそうなインディゴブルーのソフトデニム生地に合わせて、紺地のウィルトシャーにしました。
リバティ生地は素敵だけどお値段も素敵なので(笑)買うのに勇気がいるのですが、たまに行く手芸店が先日、閉店セールでリバティも30%オフになっていたので20cmだけ買いました。

今回、初めてバッグ底に底板カーボンを入れてみました。
RIMG0032-014.jpg
表布と裏布の間に入れ込んで縫ってしまっているので、ずれたりすることはありません。
カチッと底の形が決まるので、書類や本を入れるのに便利です。

完成☆
RIMG0030-013.jpg
リバティは薄いローン地なので、裏に厚手の接着芯を貼りました。
冬の上着ではちょっときついですが、春用のコートくらいなら肩掛けできる持ち手長さにしました。

マチたっぷり。
RIMG0016-021.jpg
裏布にもソフトデニムを使い、カジュアルなんだけど、リバティでシックに決める感じ。
中にポケット2つ口ついています。

昨日、ピアノのレッスンだったので、さっそく楽譜を入れていきました。
RIMG0034-011.jpg
もうちょっとマチを狭くして背を高くしてもよかったかな(^^;
でも、物がたくさん入って、なによりリバティが可愛いです♪

今月演奏会ですが、ピアノだけではなくて声楽やギターなどさまざまな方と一緒にやる賑やかなイベントのようです。
昨日、先生から「1曲くらい歌の伴奏もやってみない?」と言われたのですが、短期間でとても仕上げられないのでお断りしました。
伴奏がイマイチで歌が乱れたら大変なことですから(>_<)
それにしても弾けるようになってきたらなってきたで、先生の求めるものがどんどんハイレベルになってくるので技術が追いつきません。
でも、近づけるように練習していくと、音楽としてとてもきれいに仕上がっていくのでうれしくなります。


そして、新しい仕事がスタートして1週間。

毎日がほんとうにあっという間に過ぎていきます。
すでに北海道から沖縄まで日本全国津々浦々の手配をしました。
パッケージになっているものを販売するというよりは、何時間で観光したいとかの要望から企画することも多いのでとてもやりがいがあります。
そのぶん、得意でない地域の観光スポットに疎かったり、地名が読めなかったり、位置関係がすぐに出なかったりすると時間のロスが大きいので、観光地や地理を勉強し直しています。
勉強といっても楽しんでやっている趣味みたいなものですが(笑)
昔使っていた地図帳が見当たらないので、新しく買おうと思っているのですが、なかなか理想的な地図帳ってないものですね。

忙しい仕事で、帰宅時間も遅くなることもありますが、そらは学校から帰って来たらおにぎり(朝作っておく)を食べて塾へ行くので、夕飯はそらが塾から帰宅する22時半ごろ一緒に食べています。
1週間の間に、そらもこのリズムに慣れてくれたようですが、猫たちだけはまだ慣れません。
そらより早く帰宅していた私が、いつまでも帰ってこなくなっちゃったから。
青は、20時になるとピアノの上で私を待っています。(ちょうど20時すぎくらいに帰宅したときにピアノの上で待っていてビックリ!)
転職するまでは、20時から1時間、ピアノの練習をしていたのです。
猫の体内時計の正確さってスゴイ!

そんな感じで、ドタバタな日々はしばらく続きそうですが、慣れてきたらもうちょっとうまいこと家事をこなせるようにしたいと思います。
週末の作り置き食材の用意とか。
今はまだやりたいこと優先でピアノとかミシンとかやっちゃっていますが(笑)

外では歩いていると、沈丁花の匂いがしてきました。
春はもうすぐそこですね。

category: 縫いもの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret