ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

涙を呑んだ日  

そらは学校の科目の中で英語がいちばん好きで頑張っています。
はっきりいって、家では英語しか勉強している姿を見たことがありません。
勉強するというよりは、興味があってもっと知りたいからやっているという感じです。

そんなそらですが、1年前くらいに自ら、中学3年生を対象とした公費で行ける(自己負担なし)短期留学制度を調べてきました。
そして、
「申し込みたいけど、お母さんが説明会に参加しないと申込書がもらえないんだ。行ってくれる?」
そう頼んできました。
本当にやる気なんだなと思って、私は喜んで説明会に参加して応募書類をもらってきました。
申込書にも本人の志望動機と、親として子供を留学させる動機を添付しなくてはならず、ふたりで一生懸命考えて下書きを繰り返し、清書しました。
その後、そらは面接や筆記試験、作文、英語テスト、英会話テストと選抜試験の連続。

自分でも言っていましたが、そらは人見知りなところがあって、人前で堂々とアピールしたり話すことが苦手なのです。
今回の留学制度に応募することは2年生のうちから担任の先生にも三者面談のたびに相談していて、その際「今のままでは面接が100%通らない。コミュニケーション力をみられるから、苦手なら訓練するしかない」と言われていました。
なので、そら自身がいちばんその弱点をわかっていたので、克服できる努力をしてきました。
まずは挨拶から。
知らない先生でも、初めて会う保護者でも、すれ違ったら挨拶。
そこから始めました。
1年間でだいぶ度胸(?)はついたと思われます。

それでもやっぱり面接はうまくできなかったらしく落ち込んでいましたが、総合評価で採点される制度なので、【面接の評価点は低かったが、英語力(試験、会話)が高評価だったため最終候補者とする】という結果になりました。

最終候補者になったあと、教育委員会の面接がありました。
この面接も通過し、あとは公平性という観点から残っている候補者の中から公開抽選で留学生が決定します。

もうここまできた時点で、ほんとうにすばらしいことだと思います。
そらはこれまで受験もしたことがないし、部活のように日々の訓練で成長していくものと違って、短期的になにか大きな目標に向かってひたむきに努力するというのは今回が初めてなんじゃないかと思います。

公開抽選は昨日ありました。
私は仕事でいけませんでしたが、仕事中、ずっと気になって仕方ありませんでした。
そらには帰宅したら連絡してと伝えてあったけど連絡が来なくて、私が20時くらいに帰宅するとテーブルの上に1通の封筒が置いてありました。(そらは塾に行ってしまって不在)
RIMG0040-010_201504252349181c2.jpg
そらの字で「結果」と書かれていました。

開けてみると、留学生には選ばれなかった旨の記載がありました。
連絡しなかったんじゃなくて、できなかったんだなって思いました。
一生懸命にやってきた姿をずっとみてきたので、塾から帰って来たらなんて声をかけてあげたらいいんだろうと悩みました。
いろいろと考えたけれど、帰宅したそらの顔を見て出た言葉は、「残念だったけど、ほんとうによく頑張ったね。とってもいい経験をしたね」でした。
そらはほっとしたような顔をして、黙ったまま抱きついてきました。
私より大きくなっちゃったけど、やっぱりまだ子供です。
「だめだったよ」と言って、しばらく動きませんでした。
とても悔しかったんだと思います。
親の私がこれだけ残念に思っているのですから、本人はもっと悔しいに決まっていますよね。
でも、チャンスはこれっきりじゃないし、捨てない限り夢は逃げて行ったりしないものだから、次に向かって好きな英語をもっと好きになってくれたらいいなと思います。

今日のそらは朝早くからバスケに行って(部活や休みだったので仲間と試合)、午後からはほかの友達と映画に行って気分転換してきました。
残念ながら、私の出る幕はありません。

でも、今夜はおつかれさま会と称して、久しぶりにそらと外食してきました。
そこで、今年の秋にまた演奏会にでないかという話があることをそらにしました。
先月の演奏会があまりの緊張でボロボロの出来だったので、もう人前で演奏するのはいやなんだよねって話したら、「お母さん、ぜったい出た方がいいよ」って、真顔で言われました。
なんでって聞いたら、「ピアノの練習してるお母さんはすごく楽しそうだから」って。
「それに、この間の演奏、間違ったりしたけど、お母さんが思ってるほど悪くなかったよ。俺の英語もそうだけど、目指すものがあると取り組み方も違ってくるでしょ」って。
これまでもそらから学ぶことはたくさんあったけど、成長とともにこういったハッとさせられる一言をもらうようになって、たびたび背中を押されます。
演奏会、出る方向で考えてみたいと思い始めました。

category: こども

tb: --   cm: 4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/04/26 05:49 | edit

読んで泣いちゃいました( ; ; )

やりたいことのために、苦手なことも克服出来るように頑張ったこと、すごくかっこいいよ!

目標があったらこんなに頑張れるそらくんすごいです!!
運も味方してくれたらどんなに良かったか…
でも、この挫折があったから、次に叶えたい目標見つけた時にまた頑張れるはず!そしておっきな夢叶えられるはず!!

うちの子も、そらくんみたいに困難に目を背けないで、突き進める子になってほしいな。

URL | Risa #mRRL2Eoo
2015/04/26 17:26 | edit

鍵コメさんへ☆

結果は残念でしたが、ここまでの努力はきっといつか実ると信じています!
去年の三者面談ののときに、積極性とかコミュニケーション力が足りないと言われたこともあって、3年生になってからは委員会の委員長もやっていますよ^^
全校集会でみんなの前で発表したよ!と、教えてくれました。
そういうこと全部、そらの未来に繋がっていくと思います☆

発表会はやっぱり出たくない気持ちが半分以上を占めているのですが(^^;
私を置いて、先生たちが乗り気すぎて困っています・・・

URL | MIO #-
2015/05/02 20:46 | edit

Risaさんへ☆

Risaさん、いつもエールをありがとう!!
そらにとっては初めての挫折だったんじゃないかと思います。
目標に向かって頑張ったことは素晴らしいけど、なによりそらを褒めたいと思ったのは、残念な結果を受けても変にひねくれたりせず、抽選で選ばれた子に自分のやりたかったこと知りたかったことを伝えて応援したと聞いたとき。
そういう気持ちを持ってくれてることがいちばん嬉しかったな!!
私だったら選ばれた子を妬んでしまいそうだもの・・・
私はなんだか流されるようにして大人になってしまった気がするから、そらを見ているととても新鮮で、学ぶことも多いです!

URL | MIO #-
2015/05/02 20:57 | edit

コメントの投稿

Secret