ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

連弾ってむずかしい  

先週は社内で夏休みを取っている人が多く(そのため、ひとり当たりの仕事量が多く)なかなか帰れず、家のことがおざなりになってしまった1週間でした。
そんなわけで、この週末は掃除と洗濯に勤しんでいました!
ずっと気になっていたものの後回しになっていたキッチンの掃除も一気にやりました。
RIMG0047-005.jpg
五徳もピカピカに磨けたし、換気扇もカバーを外して丸洗いでピカピカに☆
私は汗だくだくでベタベタになりましたが(笑)
やっぱり毎日使うキッチンがピッカピカだと気持ちがいいです。

毎日使うものといえば、ピアノも。
RIMG0102-002.jpg
電子ピアノを買った時につけてもらった専用クリーナーがあったのを思い出して、ピアノもきれいにしました♪
もっとこまめに掃除してあげないといけなかったかな(^^;
ズボラなので、そういうマメさがないんです。

それはそうと、今になって連弾の難しさを感じています。
エレクトーンを習っているときにアンサンブルをよくやっていたけど、それとは大変さが全然違いました。
お相手の方は一回り年が離れたピアノ歴2年目という方。
これまでに連弾の練習会を何度かしているのですが、私とタイプがまったく違うのでなかなか息が合いません。
私はあれこれ考えずにとにかく弾いてみるタイプ。自分なりに弾いてみて、間違っているところや直したほうがいいところをレッスンのときに先生に指摘してもらうという感じ。
実は私、譜読みは得意ではなくて、先生のお手本を聞いて耳で覚えて弾くことも多いので、適当な和音を弾いちゃっていることもよくあって(^^;
相手の方はまず楽譜を理論的に読んで考えて確認してから、やっと弾くという感じ。
私はとりあえずざっとでもいいから通しで合わせる練習をしたいのだけど、相手の方は細かく小節を区切ってひとつひとつ完璧にしていきたいようでなかなか進みません。
どっちがいいとか悪いとかではないけど、そういう面も含めて連弾って大変!と思います。
久石譲さんのSummerを弾いているけど、連弾が完成するまえに夏は終わりそう(>_<)
先生との連弾はすごく楽しいのでやってよかったとは思っていますが、生徒同士での連弾は、この曲が完成したらしばらくいいかな~というのが正直な感想。
ひとまず自分のパートは弾けるようになったので、次のレッスンで先生との連弾では完成できそうです♪

どうしても今月中に仕上げてしまいたかったので、この週末はたくさん練習していましたが、私がピアノを弾いていると、必ず青と環がやってきてずっと聴いていてくれます。
RIMG0017-034.jpg
普段、くっついていることがないけど、ピアノをやっているときだけは距離が近いふたり。

でも、なんだかちょっと牽制し合ってるみたい。

だって、いつもの寝姿より緊張気味だもの。

環は、絶対すぐには逃げられないような変な格好で寝る子。
RIMG0003-062.jpg
ひっくり返った手、痛くないのかな?って、いつも思う。

青は、おなじみの脱力系で(笑)
RIMG0233.jpg

今月は、青がうちの子になって3年、環がうちの子になって2年の記念月☆
多少の遠慮はし合いながらも、猫団子をしなくても、それなりにはうまくいってるふたりです。

category: Diary

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。