ナチュラルでいこう

こどもと猫とわたし。ナチュラル&シンプルな日々。

1年ぶりの再会  

ブログがご縁でつながったイギリス在住(今はイタリア留学中)のロビンさん。今年も一時帰国のタイミングでお誘いしていただき、文化の日に1年ぶりの再会をしてきました♪
知り合ったのはチェコ&ハンガリーの旅行記を書いていた時にコメントをいただいたのがきっかけなので、かれこれ7年近く前のことになります。住んでいる国も環境も年齢も違うことのほうが多い私たちですが、こうしてご縁が継続できていることはとてもハッピーだといつも思います。

今回は、午前中の早い時間から待ち合わせをして、ロビンさんご要望の結わえるのランチに行ってきました。
RIMG0045-011.jpg 
おしゃべりに夢中でお店の外観写真を撮っていないのですが、スカイツリーからもほど近い、下町風情を残す台東区蔵前にある寝かせ玄米を食べさせてくれる定食屋さん。
寝かせ玄米って、初めて聞きました。
玄米は身体にいいと言われて何度かチャレンジしたことはあるものの、胃腸の弱い私はどうしても消化不良でおなかを壊してしまうので実は苦手だった玄米。
ちょっと不安だったので事前にHPなどで調べてみたところ、圧力鍋で炊いてから保温ジャーで3~4日寝かせたもので、こどもやお年寄りでも安心して食べることのできる玄米とのこと。
気になるではありませんか。
かなり混雑するとの口コミ多数だったので、11:30のオープンよりもだいぶ早い11時には到着しましたが、すでに人が並んでいました!
おしゃべりをしていればあっという間の30分(笑)
席を確保してからカウンターに並び、おばんざい方式で好きなものを取って定食にします。
IMG_20161103_113907.jpg 
メインは3種の中から選べ(この日は、カマ塩焼・鱈の野菜あんかけ・豚肉生姜焼き)、私はカマ塩焼(これも魚を2種類から選べたので、私は鱸/すずき)にしました。
汁は2種類から選べ、私はのっぺい汁。副菜はいろいろ選べて迷ってしまうけど、茶碗蒸しとジャーマンポテトを選択。
寝かせ玄米は3種類から選べ、私はオリジナル小豆ブレンドにしました。見た目はお赤飯のよう。
なにも考えずお盆に乗せたままの状態で撮ってしまったので、ごはんと汁の位置などひどいことになっていますが(汗)

寝かせ玄米、一口食べてびっくり。
しっとり、もっちもち!
パサついて硬い玄米しか食べたことなかった私にとって、もはやこれは玄米ではないという感じ。噛めば噛むほど甘みが出てきて、ものすごい満足感。
寝かせ玄米もさることながら、おかずがおいしすぎる。
ふたりして「なにこれ、おいしい~」しか出てこない(笑)
あんなにおしゃべりに夢中だったのに、ここでは食べることに夢中になってしまうくらいおいしかったです。特に感動したのが茶碗蒸し。具材はなんと麩だけ。それにみたらし餡のような甘辛いたれがかかっているだけのシンプルな茶碗蒸しなのに、これがなかなかどうして。
見た目、ヘルシーな定食だと感じる人が多いと思いますが、食べてみるとかなり満腹になります。玄米パワーかな。
混雑していて待っている人も多いので長居するお店ではありませんが、開放感のある店内なのでゆっくりと食事をすることができました。

このあと、ふたりで神楽坂にある東京大神宮に行き、お参りしてきました。(またしても写真がありませんが)
晴れて暖かい日だったこともありますが、散歩がてらこんな休日の過ごし方もいいものだなぁと。
ロビンさんとは夕方までご一緒して、この1年間のことやこれからのことなど思い思いの話をたくさんして、とても素敵な時間を過ごすことができました♪
輝いている人と一緒にいると、パワーを分けてもらえるような気がしてこちらまで元気になってくるから不思議です。またお会いできる日が楽しみです!


そうそう、東京大神宮でのできごとをついでに。
今年の運勢、実は私はとてもよくない暗示が出ていました。
そらの卒業祝い旅行で行った出雲大社でひいたおみくじも全体的に悪い内容で、いけいないと思いつつも続けてもう1回引いてしまい、それも書き方は違えど示している内容はまったく同じ悪いものでした。
1枚目はショックですぐ木に結んでしまったのだけど、2枚目に同じような内容が出たときに、これは私に対するメッセージなんだと受け止めてお財布に入れて、気づいたときに読み返してきました。
RIMG0046-013.jpg 
↑これは、その2枚目のおみくじ。
辛苦はあるが末は吉となる、とあります。1枚目にも似たような内容で、試練の多い年になるが時期がくれば報われるといったようなことが書いてありました。

気づけは今年も残りあと2か月を切っています。
もう、今年も終わりが見えてきたといっていい頃かもしれません。
それに最近、自分自身でとても『身体の調子がいい』とか『運がいい』って思えることに気づいて、もしやと思っておみくじ引いてみたところ……
RIMG0047-010.jpg 
なんと大吉!
風向きが変わったようです。
思い返してみると、確かに仕事ではいろいろと試練(というか課題)の多い1年でした。努力が実らないことも多々あり、しんどいなと思うこともありました。
旅行の企画なんて、メジャーな観光地や人気スポットは知れていて、誰が作っても誰が手配しても似たようなコースで似たような料金になるものです。(奇抜なもの、目新しいものを取り入れると受け入れてもらえないことが普通です)
コースも料金もよくできたのに入札で負けることも多いです。
それでも、最近、私を指名してくれる旅行会社の担当さんが出てきたこと、実際に旅行したお客さんが非常に喜んでくれたといううれしい報告をいただけるようになったこと、そんなことがひとつ、またひとつと増えてきました。
そんな時だったので、このおみくじの内容はとてもずっしりと心に響きました。
仕事とひと言にいっても、会社の仕事だけではないと思います。
私の場合は、家の仕事、子育ての仕事もそうかもしれません。
そういう自分のやるべきことのひとつひとつを大切にしていこうと思います。

「心がけが大事にゃ!」by.青
IMG_20161012_202656.jpg 
寒くなってきたので、暖かい場所を探して定位置がみつからない青に対して、環はお膝の上が定位置です。
IMG_20161102_210448.jpg 
私の膝の上。
朝の忙しい時間でも、遠慮なく膝に乗ってきてくつろぐので立つのが申し訳ない気持ちになります(^^;

category: Diary

tb: --   cm: 0

イベント続きの日々  

私の仕事は9~11月がもっとも忙しい超繁忙期にあたります。
春にも繁忙期がありますが、秋を迎えるとあれは繁忙期ではないと言いきれてしまうくらい比べ物にならない忙しい日々を過ごしております。
今時期はお昼休憩が14時や15時にやっと取れる感じで、帰宅したらもうヘトヘト。
普段は日課として夜にちょっとでもピアノをやったりしているけど、この時期はまったく弾けない日も多々あって課題曲が全然進みません(>_<)
もう何週間、同じところを行ったり来たりしているのやら……
去年はどうしてたっけ? と思い返したら9月から休会してました(^^;
やっぱり両立できない期間だったんだなぁと。
そんなわけで、来月、演奏会がありますが辞退することに。曲が完成できてないし、中途半端すぎてとても人前で弾けるレベルにないので。

私のピアノはそんな状態ですが、先日、そらの学校で音楽鑑賞会の催しがありました。
主催したのは私も属しているPTAの文化委員。
文化祭でも喫茶を出店するなど、なかなかPTAの活動が盛んな学校なのです。私もお手伝い要員で頑張りました♪
秋の音楽鑑賞会は恒例のイベントらしく、プロの音楽家を招いての演奏会を行うというもの。生徒とその家族であれば誰でも鑑賞することができます。
この企画から準備を入学以降ずっとやってきました。夏休み明けからはほぼ毎週のように土曜日は学校で打ち合わせやら準備を重ねてきて先日大盛況のうちに本番を終えることができました。
RIMG0002-056.jpg 
これは音楽講堂に飾った花。
片付けの際に、花器を取りに来た花屋さんが文化委員の人数分ちいさなブーケにアレンジしてくれました。私は最初から気になっていた紫陽花をもらいました☆
あいにく私は当日の役割的に演奏を聴くタイミングがほとんどなく、アンコールのときだけ音楽講堂に入ることができた程度。それでも、生の演奏は素晴らしく、来年はぜったいお客さんとして聴くぞ! と心に誓ったほどです。

やっと学校行事がひと段落して、今度はニャンフェス。
10/23に行われた猫イベント(手作り市)に参加してまいりました☆
友だちのブースにおまけ参加という形だったというのもあるけど、なかなか制作意欲がわかなくて、そうこうしているうちに学校行事関連で休みの日はつぶれることが多くなり、仕事は繁忙期で残業続きになり……気づいたら前日!(汗)

この前日の土曜は家事を放棄してミシン! ミシン! ミシン!
RIMG0024-024.jpg 
自画自賛のバッグ。
にゃがーい(長い)猫がバッグの表と裏をまたいでいるのです。
おもて↓
RIMG0026-019.jpg 
↓うら。
RIMG0027-020.jpg 
撮り忘れましたが、またぐ位置を変えてふたつ作りました。
この猫、デッドストックで詳細は不明ということでしたが、もともとは襟だったみたいなのです。
長さ的にもカーブ的にも。角ばっている部分に番号が振ってあるので、きっとシャツ本体と合わせるためのものだったのでは?
RIMG0167.jpg 
不要な部分をアップリケし直してバッグに変身させました。
これ、我ながらツボに入ってものすごーく気に入ってしまい、自分で使いたいからニャンフェスに持っていくのはやめようと思ったくらい。とはいえ作品数が少ないので持っていきましたが、売れなくてもいいと思って強気の値段設定(2,000円)にしました。

そしてもう時間がないので、短時間で複数作れるものと思ってカードケースを制作。
RIMG0013-034.jpg 
ポイントカードやらスタンプカードやらでお財布がパンパンになっている女性は多いはず。
RIMG0014-030.jpg 
私の母がこういったカードケースを使っていて、とっても便利と話していたので作ってみました。
ちいさいものなので、こんな感じでにぎやかに。
RIMG0010-043.jpg 
はぎれがたくさん出たので、ポケットティッシュカバーを作って購入してくれた方におまけとしてプレゼントしようと思ったのが日付が変わってまもなく。
生地を裁断してアイロンをかけようとしたところで、そんな私を見かねたそらが「アイロンくらいならかけてやるから風呂入ってきなよ」と手伝ってくれました!
端っこ二つ折りを指定してアイロンかけてもらっているうちにお風呂に入り、出たらもう1時を過ぎていたのでミシンはあきらめて就寝。6時に起きてダーッとミシンかけました。
糸始末やらティッシュのセットなどは会場でやることにしたので写真を撮る暇もありませんでした。

それにしてもディスプレイがこんなに大変なものだったとはびっくり。
私は作品作りの作業があれこれ残っていたのでほとんど友達任せでしたが、立体的にディスプレイすることの大切さを実感しました。
あ、下のほうにちょこっとだけ私のにゃがーい猫バッグ2つ写ってます。(このあと上にあげましたが)
RIMG0016-027.jpg 
友だちはブローチやストラップ、毛糸小物など作品数多数。
RIMG0017-028.jpg 
開場と同時にものすごい人が入ってきて、またまたビックリ。
こんなに来場者があるとは思わず、あっけにとられてしまいました。

そして、驚いたことにカードケースが瞬く間に完売。
今は100円ショップでもかなりいいものを置いているので、手作り品で果たして売れるのだろうかと不安に思っていたので拍子抜け。友だちの作品も可愛いものばかりなので足を止めてくれる人が多く、だんだんたのしくなってきました。

で、あのにゃがーい猫のバッグ。
セミプロみたいな作家さんもたくさん出展している中で、この価格ではまず売れないだろうと思っていた(しかも売れなくていいやと思っていたので手に取りにくい奥のほうに置いていた)のに、「あのバッグ見せてもらっていいですか」と声がかかり、なんと売れてしまいました。
お目が高い~~~!!(笑)
自分用にも欲しかったので、ひとつ売れた時点でもうひとつは仕舞いました(笑)

結果。
RIMG0034-015.jpg 
購入してくれた方へのおまけで作品数と同じ数だけ用意したティッシュケース、2つだけ残って終了。
けっこう鮮やかな色を選ぶ方が多くて、いちばん人気だろうと思っていたグレーが残ってしまったという予想外の結果でもありました。

途中、うちから里子に出た保護猫さんの里親さんも遊びに来てくれました♪
ずっといいお付き合いをさせてもらっていて、家を行ったり来たりと交流させてもらっています。今年待望の赤ちゃんが誕生したので、大きくなった赤ちゃんにも会えたしとっても嬉しかったです。
RIMG0033-016.jpg 
こんな素敵なフォトアルバムを作ってきてくれました♪
いちばん上の写真は、なんと抱っこ紐に入っているところ。かわいい!
赤ちゃんのことをいつも見守ってあげて、とってもいいお兄ちゃん猫しているみたいです。

今週末はワークショップに申し込んでいるのでそれの参加とピアノ。
実りの多い秋。
まだしばらくイベントは続きそうです。

category: Diary

tb: --   cm: 0

かなり久しぶりの腰痛ダウン  

猛暑が続いているせいか、先週、やけに疲れたなぁと思いながら過ごしていて、1週間ずっと胃が痛かったり頭が痛かったりを繰り返していました。
週末はゆっくり休もう! と思ったのに、土曜日目が覚めたら猛烈に腰が痛い(>_<)
ここで無理をしなければよかったものの、そらが部活でお弁当が必要だったので準備して、一通り家事をして買い物にも行って重い荷物を持って帰ってきて……夜には痛みが何倍にもなってしまいました。
この夜は痛みでほとんど眠れず、どの体勢をとろうとも何をしても痛くて痛くて。
翌朝はしゃべることもしんどいほど痛みが酷くて、腿やお尻の下部分に痺れが出ていました。
とても我慢できる状態ではなかったので、日曜診療しているペインクリニックを調べてタクシーで向かいました。

クリニックはものすごく混みあっていて、座席はいっぱい。座っていられないので立っていたけど、立っているのもつらい。
そんな中、そらからLINEが届きました。

ここからは、そらとのLINEでの会話を交えてお届けします。
(緑が私。打ち間違え等もありますが原文ママ)
1_20160810161718430.jpg 
そらはクリニックのそばにある某所で買いたいものがあったらしく(もちろん買ってもらおうという魂胆^^;)、↑のようなメッセージを送ってきたものの、とにかく痛くてそれどころじゃない。

検査の結果、椎間板ヘルニアではなく仙腸関節障害というものらしいです。
そして驚いたことに、昔から腰痛といえば悩まされてきた椎間板ヘルニアなんですが、なんと椎間板が摩耗してほぼなくなり逆に安定しているのでよい状態らしいのです。

と、痛みの原因はわかったところで、ブロック注射(局所麻酔)をすることに。
2本も打たれました…。
これまた、ズウゥゥンという鈍痛があるんです。
しかも、麻酔が効きすぎて30分休んだ後、立とうとしたら右足だけが感覚がなくて倒れこんでしまいました。
ひえぇ~、こんな感じ初めてで怖い!
どうやら『よくあること』らしく、さらに30分休んだところ不自然な感じながらも歩けるようになったのでタクシーで帰宅しました。
痛みは注射前と比べたら半分以下になっていますが、まだ痛い。ステロイドの成分が2~3日でじわじわと効いてくるんだそう。

こうして、3日間の安静が言い渡された私。
そらは夏休み中とはいえ、毎日部活やら文化祭の準備、講習などで毎日学校がありお弁当が必要です。
3日間、ずっと弁当を買うわけにもいかず(だいたい私のお昼が準備できない)、ここはもうそらに頑張ってもらうしかないな、と。

3日間は買い物をしなくていいように、私が夕飯とお弁当のメニューを考えて、足りない食材をそらにリストアップしてもらい買い出しに行ってもらいました。
今までの経験上、そらに任せっきりにするととんでもなく高価なものを買ってきたりするので、底値を教えたうえで悩んだらまず確認してね、と言いました。

で、買い物中にきたLINE。
2-2.jpg 
こんな感じで、無事買い物は終了したかと思ったのですが!!

帰宅して確認してみたら、この日の夕飯にする予定だった冷しゃぶの豚肉、薄切りじゃなくてふつうの細切れを買ってきていました。

「しゃぶしゃぶコーナーの隣にあったから、一緒じゃないの?」って……。

いいんです、お願いする立場なのでこのくらいのことでイラっとしてはいけないのです(泣)
だって、そらに夕飯を作ってもらわなければいけないのだから。

これがまた、ものすごーーーーーーっく大変!

家庭科で何をやっていたんでしょう…って、ため息がでるほど何もできない。
私が作ったら15分くらいで完成しそうなメニューを考えたはずなのに、2時間もかかりました(>_<)

日曜日の夕飯。
RIMG0189.jpg 
お肉は焦げて固くなってしまいましたが、一生懸命作りました。
漬物は私がどうしても食べたくて、浅漬けを作ってもらいました。

お弁当の写真も撮りたかったけど、朝はそらも忙しくてバタバタしているので写真を撮るタイミングがありませんでしたが、夕飯で作ったものを少し取り分けておいて温めなおして詰めたり、冷凍ものをチンしてつめて作っていました。

月曜日の夕飯。
RIMG0192.jpg 
・つるむらさきの塩昆布炒め
・手羽元と卵のさっぱり煮(お酢で煮ています)
寝たきりでまったく動いていないのでおなかの空かない私は、ほんのちょっとしか食べられませんでしたが、初めて圧力鍋を使って作ってくれました。
ゆで卵が理想通りの固さだった! と感動していましたよ(笑)

火曜日の夕飯。
RIMG0195.jpg 
・餃子(焼くだけのやつ)
・塩麻婆丼
・中華スープ(鶏がらスープで簡単に)
・野菜サラダ…は、だいぶ痛みが引いてきたのでリハビリを兼ねて私がやりました。

そらはまだまだ手際が悪いものの、だいぶ要領を得てきたようです。
「俺って、だいぶ料理がサマになってきたんじゃない?」なんて言って、嬉しそう。

そして今日(水曜)は、私がお弁当を作りました。
もう痛みのほうはほとんどよくなって、今日は洗濯もしました。
夜、そらが部活から帰ってきたらリハビリがてら一緒に散歩にでも行きたいなと考えているところです。

それにしても、こんな風に私にいつ何が起こるかわからないわけで、そらがひとりでも身の回りのことが一通りできるように日ごろから教えていくことの大切さを改めて感じました。
今回、愚痴のひとつも言わずに3日間一生懸命頑張ってくれたそらに感謝して、また金曜日から仕事にも復帰してがんばろうと思います☆

category: Diary

tb: --   cm: 0

ピアノと水泳の共通点  

昨日はピアノのレッスンでした。
正直なところ、今やっている曲は私のレベルに合っていません。背伸びしすぎという意味で。
ピアノの先生にもいろんなタイプの先生がいると思いますが、私の先生は多少無理してでも好きな曲、やりたい曲をやろうというタイプ。
大人は子供と違って自分のお金と意志でピアノを習いに来ているわけで、つまりはモチベーションの維持が継続とイコールになるということ。
私は基礎練習をしたくないというわけではないのですが、先生曰く、大人の生徒さんは基礎練習を嫌がって辞めてしまう人が多いんだそう。
なので私の基礎練習は教本としてはハノンのみで、やりたい曲をやりながら、その都度必要な基礎練習をしていくというレッスンです。
というわけで、難易度の判別もよくわかっていない私はあれを弾きたいこれを弾きたいと言うのですが、100%無理という選曲でないかぎりOKしてくれます。

でも、今回はちょっと難しくてなかなかカタチになりません。
似たようなフレーズの繰り返しなのに微妙に違うというのが覚えられなくて、楽譜を見ていると跳躍で音を外すという…。
アルペジオも下手すぎて泣けてきます。
どうしてもアルペジオは流れるように弾きたいのに、先生に「ここはゆっくり弾いて」と言われ、ゆっくりにしちゃうと曲のイメージが全然変わっちゃうよと心の中でつぶやきながら弾く私。
渋々感というか嫌々感が出ちゃったのかもしれません。
突然、先生が「そうそう、僕やっとクロールで1km泳げるようになったんだよ」と言い出しました。
レッスン中にいきなり水泳の話題!?
(※先生は私が水泳をやることを知っていて、先生も今年の春から健康のために水泳を始めたと聞いていました)

私「もう1kmも泳げるんですか。すごいですね~」

先生「もともとカナヅチだったから最初は25mも泳げなくて」

私「え、そうだったんですか?」

先生「そう。今更無理かと思ったけど、MIOさんの話聞いててやっぱりやろうって思って始めてさ。ダメ元だったけど水に慣れてきたら楽しくなっちゃって、できないなりにも継続できてる」

私「泳げないところからスタートして、もう1km泳げるなんて十分できてますよ」

先生「いやぁ、それが50m泳いだらかなりしんどい状態になって休んで、また50m泳いだら疲れ果てて休んでの繰り返しなんだ」

私「50mでそんなに疲れます!?」

先生「無駄な力が入っちゃってるから。正しいフォームもできていないし、とにかく必死だから力任せに水をかいて泳ぐし、息継ぎも下手だから苦しくなって。カナヅチのまま大人になったんだからうまく泳げないのは当たり前なんだけど。でも、楽しいから疲れてもまた泳ぐの繰り返し」

私「楽しいとそうですよね」

先生「うん。せめてもうちょっと力を抜いて泳げたら違うと思うんだよね。ピアノの脱力と同じように」

ここまで言われてハッと気づきました。
先生は遠まわしに励ましてくれているんだって。
必死になることは悪いことじゃないけど、楽譜の音符を弾くことに必死になって余計な力が入りすぎているんだって。
音楽を楽しまないと、自分が楽しくないとダメなんだって。

なかなかうまく弾けなくて嫌になっちゃうこともあるけど、憧れの曲がだんだんと自分で弾けるようになっていくのはほんとうに楽しいし練習も苦にならない。
幸い私は先生についてレッスンしてもらっているし、ダメなところを指摘してもらえるのはありがたいことです。
先生はレッスン曲を合格にする際に「誰に聴かせても恥ずかしくない演奏!」って言って合格にしてくれます。
昨日のレッスンで、改めてピアノの楽しさを知ったし、これからもマイペースにやっていこうって思いました。先生に感謝!

先生と水泳の話をしたせいか、とても泳ぎたくなって、レッスン後に私も久しぶりに泳ぎに行きました。
よい休日でした☆

category: Diary

tb: --   cm: 0

2016年も半分が終わりました  

仕事が繁忙期の6月、気づけば1回もブログを書いていませんでした。
土曜出勤の代休をとれないまま7月になり、今日やっと代休です。
そらも体育祭や球技大会、英検などの資格試験が目白押しで、親子そろって忙しい6月でした。

そんな6月のある土曜日、初めての保護者会があったので参加してきました。
そらは友達や部活以外の話はほとんどしないので、勉強の様子がどんな感じなのかまったくわからずにいました(^^;
中間テストの結果を聞いても「まあ、普通」とかそういう感じで(>_<)
保護者会は6人くらいの班割りになった席で行われて、先生の話を聞いたあと、班のなかで家の様子を話し合いましょうという時間がありました。
そうしたら、みんな思っていることは似たり寄ったり(笑)

「高校の中間テストって答案返されないって変ですよね」と、男子のお母さん。
「え!? もうとっくに返ってきてますよ」と、女子のお母さん。
「えー!!」と、男子の母一同(笑)

「課題が多くて大変じゃないですか? うちの子、毎日2時くらいまでかかって課題と予習してます」と、女子のお母さん。
「ほんと、身体壊さないかって心配ですよね」と、女子のお母さん。
「課題って出てるんですか!?」と、男子の母一同。
「毎日すごく出ていますよ。終わらないくらい」と、女子のお母さん。
「えー!! やってるの見たことない!」と、男子の母一同(笑)

「高校ってお知らせのプリントがないから、どうなってるのかまったくわかりませんね」と、男子のお母さん。
「そうそう、私もそう思っていました」と、私。
「保護者宛てのお知らせは最低月3回くらいは発行しています」と、先生。
「えー!! この保護者会のお知らせが初めてですよ!」と、男子の母一同(笑)

と、まあ、どこも男の子はそんな感じだったのでホッとしちゃいました。
いやいや、ホッとしちゃいけないのか。
もう親があれこれと管理する歳でもないので基本は本人任せにしちゃっていますが、しっかりものの女の子の話を聞いてしまっただけに、もうちょっとどうにかならないのかって思ってしまいました(^^;

でも、そらも自分で色々と考えて行動できるようになってきていて、自分で選んで講習を取ったり試験を受けたりしています。
自分でお金の計算もしながら、夏休みの英語のワークショップも申し込んでいました。
とにかく高校のすべてが楽しいようで、それが何よりです。

さて、6月に私と青の誕生日があったので、それにかこつけて炊飯器を買い換えました☆
RIMG0097-005.jpg 
おすまし環と一緒に記念撮影(笑)
内釜のコーティングが剥がれてきてしまっていて、ずっと気になってはいたのです。
でも、特に害はないというし、炊飯機能に問題があるわけでもないので使っていたのですが、そらが高校生になってから毎日1~2回炊飯をするので、やっぱり買い換えよう! と思い立ち。
炊飯器はずっと象印派だったのですが、タイガーのスタイリッシュな炊飯器に一目惚れしてこれに決めました。
前の炊飯器は7年使ったので、この炊飯器も大事に長く使いたいと思います。

6月8日で4歳になった青☆
RIMG0093-004.jpg 
相変わらずビビリん坊ですが、最近、ピンポンにちょっとだけ慣れてきました。
以前はピンポンが鳴ると一目散に逃げていたのに、今はソロリソロリと逃げつつも、誰が来たのかをチェックしに行けるようになりました。成長だ~。

これから暑さがやってくるけど、家族みんな元気で夏を過ごせるように健康管理していこうと思います。

category: Diary

tb: --   cm: 2